スポーツ庁委託事業放課後ラグビープログラム2019


スポーツ庁委託事業「2019年ラグビーワールドカップ普及啓発事業」について

2019年ラグビーワールドカップ日本開催の決定、2016年リオネジャネイロから男女とも7人制ラグビーが正式採用されたことを受け、日本におけるラグビー競技の普及・競技力向上が求められています。スポーツ庁では、2012年度より「2019年ラグビーワールドカップ普及啓発事業」としてラグビーの普及・振興に取り組んでいます


スポーツ庁委託事業放課後ラグビープログラムとは?


日本は世界で6番目に競技人口が多い国ではありますが、決して、誰もが気軽にラグビーを楽しめる環境が整っているとは言えません。特に中学生のラグビー環境は日本ラグビーの大きな課題とも言われています。スポーツ委託事業放課後ラグビープログラムは、これらの課題改善の一つのアプローチとして、チーム活動は行わず、学校や所属ラグビースクールの枠を超えて、平日の放課後にラグビーを学ぶ環境を提供するものです。2012年度より神奈川県でモデル事業が開始され、今年で8年目を迎えています。 日本ラグビーフットボール協会の大きな狙いは本事業をモデルとして各地域で自主的にアカデミーを運営される方を増やして行くことです。これまではJRFUが選定した方々とモデルクラスを展開してまいりました。2019年度のプログラムは自主運営に意欲のある方々を公募いたします。募集概要は下記よりご確認ください。


2019年放課後ラグビープログラム実施団体 募集要項


ダウンロード
(募集要項)31年度ラグビーワールドカップ普及啓発事業 放課後ラグビープログラム
PDFファイル 98.2 KB
ダウンロード
放課後ラグビープログラム実施団体応募用紙.xls
Microsoft Excel 31.0 KB

◆スケジュール

開催希望者募集期間: 2019年4月24日(水)~2019年5月24日(金)必着(締切厳守)

開催地結果通知:2019年6月10日(月)までに通知

クラス開校準備期間:2019年6月初旬〜2019年7月中旬

クラス参加者募集期間:2019年7月初旬〜 ※随時

クラス実施期間:2019年9月初旬〜2019年2月下旬(この期間で10回のクラスを運営する)


募集概要抜粋(詳細は上記のPDF資料でご確認ください。)

1.趣 旨

本事業は、本年日本で開催されるラグビーワールドカップ(RWC2019)を契機とするラグビー競技の普及啓発を目的に実施する。放課後ラグビープログラムは、中学校年代におけるラグビー競技者の空洞化を改善するため、ラグビー競技に参加できる環境を増やすための受け皿づくりとなる事業である。チーム活動は行わず、学校や所属ラグビースクールの枠を超えて、平日の放課後にラグビーを学ぶ環境の創設に取り組むため、本事業の趣旨を理解し、放課後ラグビープログラムの自主運営に取り組む意欲のある団体を全国より公募する。

 

2.概 要

1)主  催:スポーツ庁

2)主  管:(公財)日本ラグビーフットボール協会

3)指導対象:中学生(会場により小学5年生・6年生も含む)。ラグビー経験不問。30名程度

4)内  容:各回2時間程度、全10回によるラグビー教室。

 

別添「JRFU放課後ラグビープログラム 指導のガイドライン」に準じた指導内容とする。

参考:放課後ラグビープログラム過去の実施報告書

 

5)採 択 数:最大5団体(任意団体可)

6)指導資格:(公財)日本ラグビーフットボール協会S級コーチ、A級コーチまたはB級コーチのいずれかを有するものを1名以上配置すること。

 

3.応募方法

1)応募書類を別に示す方法で提出すること。

2)応募書類:応募用紙に必要事項を記入し、押印(代表者もしくは連絡担当者の印)を必須とする。

3)提出方法及び提出先:〒107-0061 東京都港区北青山2-8-35(公財)日本ラグビーフットボール協会 普及育成部 中村 宛て

  (「放課後ラグビープログラム実施団体応募書類在中」と朱書き)

4)募集期間: 2019年4月24日(水)~2019年5月24日(金)必着(締切厳守)

  ※期日を過ぎて提出された書類は受理いたしません。

5)注意事項:応募に当たっては、別添1に示す業務を確認すること。

 

4.選  考

応募書類を基に(公財)日本ラグビーフットボール協会において普及戦略計画に沿って総合的に判断し選考する。

 

5.結果通知

2019年6月10日(月)までに連絡担当者宛てに選考の結果を通知する。

 

6.実施手続き

採択団体は、実施にかかる書類を提出する。期日までに書類の提出がない場合は実施の意思がないとみなし、当該団体の採択を取り下げとする。

 

7.費用について 

下記項目について、弊会が負担する。詳細は別添2を参照のこと。

(1)指導者謝金

(2)指導者交通費

(3)研修参加にかかる旅費

(4)会場使用料

尚、本事業実施に必要なボール、マーカー、救急セットは弊会が提供する。

 

8.採択取り下げについて

採択後、実施団体にふさわしくない実態があると認められた場合は採択を取り下げとする。

 

9.個人情報の取り扱いについて

応募に際し取得した個人情報は、本人の個別の同意がない限り本利用目的及び(公財)日本ラグビー協会からの情報提供の目的以外では利用しない。

ただし、採択団体の指導者については本事業の広報等に使用することがある。本情報については、(公財)日本ラグビーフットボール協会個人情報保護に関する基本方針に基づき管理する。

 

10.本事業にかかる問合せ先

(公財)日本ラグビーフットボール協会 事務局 普及育成部電話番号:03-3401-3289  担当:中村・永井

※火曜日定休