JRFU放課後ラグビープログラム2019


スポーツ庁委託事業「2019年ラグビーワールドカップ普及啓発事業」について

2019年ラグビーワールドカップ日本開催の決定、2016年リオネジャネイロから男女とも7人制ラグビーが正式採用されたことを受け、日本におけるラグビー競技の普及・競技力向上が求められています。スポーツ庁では、2012年度より「2019年ラグビーワールドカップ普及啓発事業」としてラグビーの普及・振興に取り組んでいます。JRFU放課後ラグビープログラムは、チーム活動を行わない平日のラグビー教室です。本事業は、この新しいラグビー環境づくりを目的とし、ラグビー関係者の皆様に自主運営にチャレンジしていただくモデルを提示していくことにあります。

JRFU放課後ラグビープログラムとは?

平日の放課後に開催されるラグビー教室です。対外試合などのチーム活動はありません。学校やチームの枠を超えてラグビーを楽しく勉強する場所です。放課後ラグビープログラムは主に中学生の新しいラグビー環境づくりを目的とした事業です。本事業は2012年度からはじまり今年で8年目を迎えます。本年度は開催を希望する方々について公募を行い、全国5会場のラグビー関係者の皆様と、各地域10回の教室を順次開催致します。対象者年齢は中学生(会場によっては小学5年生・6年生も含む)です。ラグビーにチャレンジしたみたい初心者の方も参加可能です。多くの方のご参加をお待ちしております。





放課後ラグビープログラム情報

 

2019.7.6

今年度に開催される地域は下記の5会場となりました。準備が整った会場より募集を開始します。募集の開始時期は未定ですので、恐れ入りますが参加を希望される方はこまめに本サイトを確認するようにしてください。なお、今年は下記の5会場のみの開催となります。例年開催されていた地域で、本年度は開催されない地域がありますことご了承ください。

 

・岩手県釜石市クラス(8月末スタートで調整中)

・東京都日野市クラス(8月末もしくは9月スタートで調整中)

・静岡県静岡市クラス(9月スタートで調整中)

・沖縄県読谷村クラス(9月もしくは10月スタートで調整中)

・残り1会場はこれまで開催していない新しい場所で調整中です。

 

2019.6.14

2019年度の開催情報については、現在、準備中です。準備が整った会場より本サイトより募集を開始します。