もっとラグビーを身近に。

ご存知ですか?

  

ラグビーのワールドカップは、FIFAワールドカップ、夏季オリンピックに次いで、世界で3番目に大きなスポーツイベントです。

そんなラグビーのワールドカップが、2019年に初めて日本で(アジアでも初めて)開催されます。

 

2019年のラグビーワールドカップ日本開催に向けて、ラグビーがより身近なスポーツとなることで、日本全体でワールドカップを楽しめるようにしたい。スポーツ庁では「2019年ラグビーワールドカップ普及啓発事業」をたちあげ、普及啓発活動を行っていくこととなりました。

 

当事業「放課後ラグビープログラム」は、その中でも、主に、中学生等の競技者の拡大を目指し、平日の放課後も活動できるラグビー環境を創出していくことを目的としています。

 

ラグビーはじめてみない?

当事業は、エリート養成が目的ではないので、プレーレベルにかかわらず、だれでも参加できます。

もちろん、初心者も大歓迎。

 

小学校でタグラグビーをやったことがある人。

サッカーやバスケ、バレーや水泳など、他のスポーツをやってるけどラグビーにも興味がある人。

 

この機会にラグビーを始めてみませんか?

 

今からでも日本代表? 

ラグビーの日本代表経験者の中には、高校からラグビーを始めた人、大学からラグビーを始めた人もいます。

サッカーやバレーなど、他のスポーツでの経験をラグビーに活かして、自分の武器とすることで、ひと際光る存在を目指してみませんか?

2019年のワールドカップ日本開催だけでなく、2016年からはオリンピック競技にも復帰します(7人制)。

特に、女子選手はまだ競技人口も多くないので、チャンスが大きいかもしれません。