埼玉県狭山市クラス リポート


【2017埼玉県狭山市クラス】第9回レッスンリポート(2月6日)

本日を含めて放課後ラグビープログラム狭山クラスも残り2回となりましたね。そのことを生徒たちに告げると、今までをふと思い返したのか、「寂しいなぁ」という嬉しい言葉が飛んできました。残り2回と限られた時間となりますが、指導陣としては、今まで同様、生徒の皆さんを成長させること、そしてラグビーを楽しんでもらうことを目標に最後まで指導をさせてもらいたいと思っています。

 

ということで、今回もしっかりとテーマは設けて行いました。テーマは「ディフェンスコミュニケーション」です。ラグビーにおいてコミュニケーションが大切であるということはよく言われることです。ただ、より詳しく説明すると、アタックとディフェンスではコミュニケーションの取り方が少し変わってくるので、その辺りを学んでもらいました。また、どんな状況でもあきらめずに思い切ったディフェンスをすることでアタックにプレシャーをかけ、ボールを再獲得できることを実感してもらうような練習も行いました。

 

まずウォーミングアップで鳥かごゲームを行いました。4人がボールを回して、中にいる鬼役(ディフェンス)の人がパスを回している4人にプレッシャーをかけてボールをカットする、ミスを誘う、ボールを持っている人をタッチするなどをしてプレッシャーをかけるゲームです。

 

プレッシャーをかけながらも、相手がどこにパスをするのかを予測したり、駆け引きしたり、遊びの中にも重要なポイントがいくつもありましたね。

 

ウォーミングアップの後は2 v 1と3 v 1を行いました。みんなに「アタックとディフェンスどちらが有利ですか?」と聞くと、みんな「アタック!」と言いました。数的有利が理由だそうです。でも実際に行ってみると、アタックはパスミスしたり、捕まったりとディフェンスが健闘していましたね。

 

みんなに改めて聞いてみると、一人のディフェンスとはいえプレッシャーを感じたことや、攻撃側のコミュニケーションのエラーが理由として挙がりました。つまり数的不利だとディフェンスはあきらめがちですが、実はリラックスして思いっ切りのいいディフェンスができるので、あきらめずにプレシャーをかければアタックのミスを誘うことができるということです。

 

最後のドリルでは、その前に行った2 v 2のドリルでのディフェンスのコミュニケーションで学んだことを活かしたキックチェイスをしました。アタックは4人でディフェンスは3人です。ディフェンス役の一人がキックを蹴って、ディフェンスラインを揃えてチェイスに行きます。ディフェンスが抜かれる時は、いくつかの傾向がありました。ディフェンスラインがバラバラ、ノミネートができずターゲットが被ってしまう、セットが遅いなどです。それらを上手く行えた時はアタックにプレッシャーをかけられていましたね。それらもコニュニケーションを取ることで改善できる課題です。

 

今日はタックルを行いませんでしたが、ディフェンスではタックルが重要なプレーの一つあることは言うまでもないでしょう。しかし、いくら良いタックラーでも、一人では15人を相手に勝つことはできません。こちらも15人でコミュニケーションを取りながら対抗する必要があります。逆に一人一人がタックルに大きな自信がなくても、コミュニケーションの力でカバーできる部分もたくさんあります。

 

今日は全体を通してコミュニケーションの大切さを伝えました。将来的には優秀なタックラーとしても成長して欲しいですが、現状、タックルに自信がなくても、ディフェンスはコミュニケーションでカバーできることを学んでくれたことと思います。今回の練習でタックルに自信のなかった生徒がディフェンスも頑張ってみようかなという気持ちになってくれていたら嬉しいです。その頑張りの積み重ねが、将来、優秀なタックラーになるために大切なことですからね。今日の練習を参考に、まずは自分ができることからチャレンジしてください。


【第9回の練習内容】

1.ウォーミングアップ&SAQドリル

 →鳥かごゲーム

 →ダイナミックストレッチ

 →ラダー

2.2 v 1,3 v 1

 →ノットインサイドブレイク

3.2 v 2

 →DFコミュニケーション

4.キックチェイス 4 v 2+1

5.ボールゲーム

6.体幹トレーニング

7.振り返りの時間 

 

メインコーチ 三宅

サポートコーチ 西村

アシスタント 藤田、山下、フィリモニ(選手)

【2017埼玉県狭山市クラス】第8回レッスンリポート(1月30日)

今回の放課後ラグビープログラム狭山クラスは、体づくりのレクチャーと筋力トレーニングを行った後に、ボールゲームを行いました。

 

今回のテーマは「体づくり」です。食べる、休む、トレーニングの3つの項目のレクチャーを行い、その後は、器具を用いてジム内で実際に筋力トレーニングを行いました。

 

「まずは、しっかり食べましょう」という話しからレクチャーをスタート、アスリート食のように栄養バランスを考えられた食事をとることは大切ですが、体が発達する今の時期は、スポーツを行なっていない子供達でも栄養をしっかりとる必要があり、ラグビーをプレーするみんなは、スポーツを行っていない子供よりももっともっと食べなくてはなりません。しっかりと食べる意識を持った後は、食事の内容についてです。理想は、①お米、パン、麺類といった炭水化物、②お肉や魚といったタンパク質、③野菜、④フルーツ、⑤乳製品の5品目をとり、食卓をカラフルにする事です。食材同士はつながりあって筋肉や骨となるので、色々な食材を食べましょう。好き嫌いをしない事が理想ですが、嫌いな野菜でも違い野菜に変更にしたりして、たくさんの食材を食べる工夫をしましょう。



次は、休むことについてのレクチャーです。筋肉や骨は寝ている時など体を休めている時間に作られます。ただし、「しっかり食べる」のと同じでラグビーをするみんなは、ただ寝るだけではいけません。大切なことは、生活リズムを整えて体づくりに協力してあげる事です。例えば、寝る時間を同じにすると、筋肉や骨が作られる習慣が体に身につき効率的に体を発達させる事ができます。食事も同じで、同じ時間に食事を摂る事で内臓の負担が減り、より栄養を吸収しやすい状態となります。そして、スポーツ選手としてもうひと工夫、お風呂上がりのストレッチです。スポーツの後は、頭も筋肉もリラックスするのが難しい体になっていて、睡眠の邪魔をしてしまいます。つまり、筋肉や骨を作るのを邪魔してしまいます。気持ちよく寝るために、お風呂にゆっくりと浸かり頭と筋肉をリラックスしてあげて下さい。そして、ストレッチをする事でさらに筋肉をリラックスしてあげて下さい。体を柔らかくするのは大事ですが、寝る前に行うストレッチは気持ち良いくらいがベストです。


最後のレクチャーは、トレーニングについてです。パフォーマンスアップとケガの予防の2つがトレーニングの目的です。思い通りに体を動かす能力、力強く粘り強く動く能力、早く速く動く能力、動き続ける能力それぞれを伸ばしていきながら、怪我をしたことのある部位や苦手な能力にはより時間をかけて、強みをさらに大きく、弱みは頑張って小さくする事を目指してバランスの良くトレーニングをしましょう。苦手意識のあるトレーニングは、体が大きく成長する今の時期だからこそ、時間をかけてあげましょう。


レクチャーを終え、筋力トレーニングの開始です。トレーニングに入る前に、2人組でコミュニケーションをとりながらストレッチを行い関節と筋肉に刺激を入れた後、腹筋運動で体温をあげて準備完了。最初の種目は、クイックリフトです。オリンピックの競技種目でもあるスナッチというメニューを行いました。スナッチは、股関節と膝関節、足関節(足首)を爆発的に伸ばす事でパワーを鍛える事ができます。全身を使った複雑な動きのように見えますが、実はとてもシンプルでありラグビーには効果的な種目です。高校生以上になると重りをつけたバーベルを使ってトレーニングしますが、今回は、綱引きで使う綱を使って行います。

 

選手は横一列に並び、ヤジロベイのような姿勢で綱を両手で持ち、股関節、膝間接を曲げて前傾姿勢をとり準備の姿勢は完成です。この姿勢は、胸を張ることが大切で、準備の姿勢を行うだけでも良いトレーニングとなります。準備の姿勢ができたら、コーチの合図に合わせて、一気に肘を伸ばしながらロープを頭の上まで挙げます。その時、ジャンプするくらいダイナミックに動く事が重要です。綱は、軽いため筋肉にかかる負荷は小さく安全ですので、反復するトレーニングとして最適です。綱がない場合は、地面からボックスに跳びのるトレーニングでも同じ効果を得ることができます。

続いて、パワーを大きくするために必要不可欠な筋力アップです。実際に20kgのバーを使ってスクワットを行いました。小学生の選手は、20kgのバーを使うのは初めてで戸惑いもありましたが、コーチのサポートを受けながら集中して行いました。バーを用いたスクワットの後は、バーを用いずにできる2人組のスクワットを行いました。お互いの背中を合わせてスクワットをする事で、背中が丸まらず胸を張る事ができます。しかし、この種目を初めて行う選手も多かったため、上手くできない選手もいましたが、諦めずに反復練習をして動きを覚え、筋力アップを目指しましょう。

最後の種目は、みんなご存知の腕立て伏せです。肩関節と肘関節を力強く伸ばすため、パスやコンタクトの場面に効果が現れるトレーニングとなります。4グループに別れて、グループごとに30回行いました。小学生や中学生といった筋力トレーニングの経験が少ない年代の場合、トレーニングの目的は、「正しい動きを覚える事」と「粘り強さを獲得する事」となりますので、1セット15回から20回が目安となりますが、今回は30回にチャレンジです。顔を歪めながらも、声を掛け合い、グループの中にはルールを決めてチームワークを発揮する場面もありました。

 

筋力トレーニングを終えたら待ちに待ったラグビーです。体も温まっておりますので、フィールドに出てコーチがリードするウォームアップを終えたら、5分間のボールゲームのスタートです。

 

セット間にはチームで集まりパフォーマンスを振り返る場面があり、スキルだけでなくチームプレーヤーとしての成長を感じる場面がいくもありました。

 

強気のランでアタックするプレー、スペースを見つけようと方向転換をしながら相手を翻弄するプレー、狭いスペースにも物怖じせずに突っ込むプレーなど、素晴らしいパフォーマンスがあり、このダイナミックなプレーの一つ一つが体作りによって、レベルアップする事が楽しみでなりません。

【第8回練習メニュー】

1.体作りについての話し

2.ウェイトトレーニングの準備運動

3.ウェイトトレーニング

4.ラグビーのためのウォーミングアップ

5.ゲーム

 

スペシャルコーチ 見山

サポートコーチ 西村

【2017埼玉県狭山市クラス】第6回レッスンリポート(1月16日)

今回で放課後ラグビープログラム狭山クラス(全10回)の折り返し後半戦となりました。

 

テーマは「アタック(前進)」です。すでにボールゲームを中心にスコアするためには前に出ないといけないというのはみんな潜在的に理解しております。しかし、ただボールを持って前に走るだけでなく、ボールをもらう前に走り込んでもらう前進もあれば、捕まる(コンタクト)瞬間にレッグドライブして少しでも前に出ていいラックを作る前進など、前進するための方法もいくつかあると思います。さらに言えば前に出る気持ちがなければ目の前にスペースがあってもパスを選択してしまってせっかくの機会が失われるケースもありますね。それなので、本日のドリルはシンプルですが、その中でいろいろな前進を感じてもらえるドリルを行いました。

 

 

まずは中抜けパスです。みんなすでに経験しているドリルですが、走りながらキャッチをしてパスをする一連の流れで、パスを受け取る際に減速したり、走り込みすぎてパスを返すことが困難になるなどシンプルなドリルでもいくつかの課題が出てきました。徐々に慣れてきたところで中を2人にしました。するとコミュニケーションエラーによるボールロストや思ったところにボールがこないなど、新たな課題が現れました。

 

生徒達の中でこれらの課題に気づき、仲間同士で課題解決に努める声が現れたのは嬉しかったです。「ハンズアップしよう!」「もっと声を出そう!」など、今できることは何なのかを考えてプレーしてくれました。

 

次に行ったトライラックスキルですが、前回同様にまずは膝つきから行い、しっかりボールを胸で抱えて倒れ、地面と胸でボールを潰すイメージでジャッカルをさせにくくする倒れ方を復習しました。トライラックした後はすぐに味方にボールプレゼンテーションする、もしくはダブルアクションして起き上がってボールをピックアップし、さらに前進をしてもらいました。

 

一通りトライラックが慣れてきたところで、次は実際にヒットシールドに当たってからトライラックをしてもらいました。やはりここでもコンタクの瞬間に減速をする、ヒットしてからのレッグドライブが弱い(すぐに倒れようとする)生徒もいましたね。しかしこれらもポイント説明をして回数を重ねるごとにすぐ改善されました。みんな、良いイメージは頭の中にあるのですね。

 

ボールゲームの最後には、ミニゲームを行いました。限られたスペースと決められたルールの中で活路(前進)を見出すイメージを持ってもらいボールゲームを行いました。ボールを持ったらまずはスペースがどこにあるのかを感じようとする姿勢に成長を感じます。そしてボールを持っていない選手が「ボールキープ!」「余ってる!」など指示を出せるようにもなってきましたね。後はいかにスコアに繋げるのか。そこにはいろんなスキルが要求されます。スコアするまでの過程を考えて結果に繋げることができた時、さらにアタックの楽しみが深まると思います。



【第6回練習メニュー】

1.ウォーミングアップ&SAQドリル

 →じゃんけんすごろく

 →ダイナミックストレッチ

 →スピード

2.中抜けパス

 →1人

 →2人

3.トライラックスキル

 →膝つき

 →ヒットシールド

4.ボールタッチゲーム

5.10パスゲーム

6.ボールゲーム

7.体幹トレーニング

8.振り返りの時間 

 

メインコーチ 三宅

サポートコーチ 西村

アシスタント 藤田、山下、フィリモニ(選手)

【2017埼玉県狭山市クラス】第5回レッスンリポート(1月9日)

明けましておめでとうございます。無事に新年を迎えることができました狭山クラスは、今回で折り返しの5回目となりました。新しい仲間も参加してくれまして、一層みんなの雰囲気も上がってきたように思います。

 

さて、今回のテーマですが「ディシジョン(判断)」ということで行いました。練習ではいろんな状況に応じた練習を行いますが、試合では最終的に最適な判断をするのは選手の役目です。コーチはそんな選手が試合で最適な判断ができるように準備をすることが役目で、練習では用意したドリルの中でも意図や狙いを伝えるも、選手の判断を尊重したコーチングが必要とされます。また、選手が思い切ったチャレンジをしてもらうようなマインドを持ってもらうのも大切ですね。その判断が正しかったのかどうかはフィードバックしながら次、同じシチュエーションが訪れた時に最適な判断ができるように選手には促して行きたいものです。

 

いつものようにウォーミングアップでは体を温めるのと、テンションをあげて楽しい雰囲気の中で練習が取り組めるアップを行いました。そしてキックキャッチからの2 v 1では、不規則なキックでのボールをしっかりキャッチして2 v 1を行いました。ボールキャリアはキャッチすることと相手の動きを見てパスをするかしないかの判断が必要とされますので、サポートプレーヤーはボールキャリアに対してできる限りの情報を与えて判断がしやすいコミュニケーションを意識してもらいました。

 

次に行ったドローパス&クロスでは、今までやっていた相手を引きつけてパスから最後はクロスプレーを取り入れて行いました。アングルチェンジとも言いますが、タッチライン際などでボールを運ぶ角度を変えることで相手に対して意表のついたプレーや、ボールを生かすプレーなど有効なオプションです。その後に2 v 2を行いました。人数が同じの場合、アタックとディフェンスではどちらが有利でしょうか?スペースにもよりますが、そんな質問を投げて2 v 2にチャレンジしてもらいました。アタックではなんとかトライを取ろうと生徒達は考えて、早速クロスプレーを用いてチャレンジングなアタックをたくさん見せてくれました。

 

ボールゲームに入る前に、ボールキャリアスキルとしてトライラックを行い、ここでは目の前に敵がいなかったり、タックラーのバインドが外れてしまった場合に倒れてからもう一度起き上がってボールを拾い上げて前進を行うようチャレンジしてもらいました。

 

その後のボールゲームでは、タッチされたボールキャリアは一度トライラックして、目の前にディフェンスがいなければ再度起き上がって前に出る判断がたくさんありました。するとディフェンスはラックの前に立って前進させないようにスペースを埋めます。さらにアタックはラック際にディフェンスが寄って来るので、次にスペースが空くのはどこかと考えると外にあると判断してボールを大きく動かすなど、時間が経つにつれて見応えある攻防が見られました。生徒達が思い切って判断したことでいろんなプレーが見られたのは嬉しかったです。なかなか練習の中で試合で想定される正解を固めることは難しいですが、練習ではとにかくたくさん判断ができる状況を作って失敗を恐れず判断ができるコーチングを今後も心がけて行きたいと思います。

 

 



【第5回練習メニュー】

1.ウォーミングアップ&SAQドリル

→じゃんけんすごろく

→ダイナミックストレッチ

→アジリティー

2.キックキャッチ&2 v 1

3.ドローパス&クロス

4.2 v 2

5.トライラック(ピック&ゴー)

6.ボールゲーム

7.ストロングボディーポジション(体幹トレーニング)

8.振り返りの時間 

 

メインコーチ 三宅

サポートコーチ 西村

アシスタント 藤田、山下、フィリモニ(選手)

【2017埼玉県狭山市クラス】第4回レッスンリポート(12月26日)

年内最後の放課後ラグビープログラム狭山クラスは、クリスマスムードも冬休み気分もなく、ラグビーがただただ大好きな生徒がいつものように集まってくれました。

 

第4回となると狭山クラスも独自の雰囲気ができつつありまして、小・中学生や男女、ラグビー経験などいろんなキャラクターがいるのですが、楽しくラグビーに取り組んでくれております。反面、少しラフな雰囲気が練習中に顔を出す時もありますので、その時はできるだけ圧力的な言い方ではなく、生徒たちの判断で正しい方向に導けるよう促しております。

 

さて、本日の練習のテーマは「ビジョン(視野)」でした。ラグビーにおいて、グラウンド内にある情報は取り込めれば取り込めるほどいいのですが、その中でも何が必要なのかはアタックとディフェンスで少し違うのかなと思いました。まずアタックは得点をすることを目的とし、ディフェンスはボールの再獲得を目的としているからです。アタックで言えば得点するためにボールを前に運ばなければなりません。すなわち敵のいないスペースを見つけてランでボールを運ぶのか、パスをつないでスペースに運ぶのか、もしくはキックで運ぶのかなどスペースを探します。逆にディフェンスはボールを再獲得するために、ボールを持っている敵、すなわち人をターゲットにしなければなりません。

 

アタックとディフェンスの目的によるターゲットは若干異なりますが、欲しい情報は前にあるということは概ね変わりません。常に前を見ながら横、もしくは後ろにいる仲間と連携するために、第1回のテーマであったコミュニケーションを駆使して試合を展開していければ、質の高い試合が行えるのではないでしょうか。そんなことをイメージしながら、本日は前も見ながらいろんな動きを行うドリルをウォーミングアップから行いました。

 

生徒たちは普段とは違い、なかなか慣れない場面もありましたが、ドリルの目的や失敗から学ぶ成功への鍵を理解していくと、動きも良くなって質そのものが上がって行きました。今はまだ、コーチにヒントをもらいながら成功体験を経験していく段階ですが、これらを自分たちで気づいてプレーができてくると、さらにラグビーの奥深さを知り楽しめると思います。

 

次回は少し間隔が空いて年明けの1月8日に第5回が開催されます。まずは年末年始の冬休みやイベントを家族や仲間と楽しんで欲しいと思います。 そして充実した顔で再会できることを楽しみにしております! それでは良いお年をお迎えください。



【第4回練習メニュー】

1.ウォーミングアップ&SAQドリル  

→ダイナミックストレッチ  

→ラダー、ミニハードル、サイドステップ

2.ペア鬼ごっこ

3.ハンドリングキャッチゲーム

4.ミラーパスドリル

5.ドローパス(カラーコーン)

6.ボールゲーム

7.ストロングボディーポジション(体幹トレーニング)

8.振り返りの時間

 

メインコーチ 三宅

サポートコーチ 西村

アシスタント 藤田、山下(選手)