岩手県釜石市クラス リポート

 


【2017岩手県釜石市クラス】第4回レッスンリポート(8月31日)

今回も、釜石シーウェイブスの松原コーチと長田コーチに加え、 釜石シーウェイブスの須田キャプテン・佐伯選手・中野選手の3名も指導にあたってくれました。

 

本日はあいにくの雨でしたので、昨年同様、釜石クラス恒例の GYMトレーニングを行いました。 昨年も雨天時にGYMトレーニングを行いましたので、今回はデッドリフトなどレジスタンストレーニングのBIG3をケガに細心の注意を払いながら体験してもらいます。選手たちは普段見慣れない器具などに興味津々。

 

まずは準備運動からです。 普段のW-UPにくわえ、可動域の確保と、コアトレーニング(体幹)を行いました。

 

コアトレーニングでは同じ姿勢をキープするタイム測定を行いました。第1位は一般の大人でも、なかなか出せない3分30秒の大記録を出した小学5年生。また2位は中学生の選手。そして3位が唯一の女子選手という結果でした。みんな将来が楽しみです。

 

コアトレーニングで体幹の安定に意識し、さらに体も温まったところで実際にレジスタンストレーニングに移りました。

 

まずはBP(ベンチプレス)です。 最初にシーウェイブスの選手にデモンストレーションを行ってもらい、エクササイズのガイドラインに基づいて指導しました。一般の大人の女性などは20kgのバーだけでも上げることは難しいのですが、日頃運動をしているだけあって、小学生も難なくクリア。まだウェイトトレーニングを行なっていない中学生の中には50kgを挙げる選手もいました。ポテンシャルの高さに驚かされます。

 

続いてはSQ(スクワット)。 ここで驚いたのが、最初のコアトレーニングでトップタイムを出した小学5年生のSQの姿勢です。 とても良い姿勢でした。 重量にチャレンジしてもらうとケガの恐れもあるので、比較的軽い重量で行ってもらいましたが 、他の選手が安定しない中、どこかでトレーニングを積んでいるかと思わせるほどのフォームでした。その選手のポテンシャルの高さと、コアの大切さの再認識させられました。

 

最後はDL(デッドリフト)です。 選手たちからすると、BIG3の中でも一番、聞いたことも、見たこともない種目ということで最初は大苦戦。 最終的には全選手がある程度のフォームで行えるようにまで上達できました。 指導しているこちらも時間を忘れて熱が入り、気づけば終了の時間でした。まだ教えたい気持ちもありましたが本日は終了。

 

今回でレジスタンストレーニングの重要さや、過酷さを知ってもらったと思います。自分たちが目標とするシーウェイブスの選手たちの凄さ そして、この先ラグビーをしていく中で絶対に触れるであろうレジスタンストレーニングを体験することができたことは良かったのではないかと思います。

 

残り6回ですが、今後のトレーニングも色んな角度から選手が上達を実感でき、よりラグビーが好きになるような内容を行っていきたいと思います。


【第4回練習内容】

1、 W-UP

2、 コアトレーニング

3、 BP(ベンチプレス)

4、 SQ(スクワット)

5、 DL(デッドリフト)

6、 クールダウン 

 

メインコーチ 松原

アシスタントコーチ 長田

サポートチーム 釜石シーウェイブス(須田選手・佐伯選手・中野選手)

【2017岩手県釜石市クラス】第3回レッスンリポート(8月23日)

今回も釜石シーウェイブスの松原コーチと長田コーチに加え、 釜石シーウェイブスの須田キャプテン・佐伯選手・中野選手の3名も指導にあたってくれました。

 

今年度の釜石クラスのテーマは『アタックの原則に基づいた得点するまでのトレーニング・ランニングスキル』です。今日はそれらを中で『スペースを見る・走りこむ・運ぶ』にフォーカスして指導しました。

 

いつも通りW-UPからです。前回から取り入れている釜石シーウェイブスで行っているW-UPを行いました。内容がランニングスキルを意識できるようになっているので、準備をしながらスキルアップも図りました。

 

W-UPで選手の準備ができた所で、実際にランニングスキルトレーニングに移りました。1ヶ月空きましたので練習内容は前回までと同じキーポイントで行いました。最初の数本は何も言わずに走ってもらいましたが、半数以上が何も言わなくても意識しながら走れていました。ただ数名がポイントを忘れながら走っていたので、選手同士でポイントの確認してもらい、再度同じメニューを行いました。すると直ぐに感を取り戻し、 1本目より2本目 、1つ目のメニューより2つ目のメニュー と、驚くほどにロスのない速いランニングになりました。その後は、そのランニングをラグビーで活かすこと伝えながらラグビーのスキルトレーニングに移りました。

 

今回は、『スペースを見る・走りこむ・運ぶ』がキーファクターなので まずはグランドを大きく使って、大きなスペースを見つける事から始め、 スペースを見る・見つける事に慣れてもらいます。最初は4コーナータッチというゲーム形式の練習を行いました。スキル練習がゲーム形式から始まった事もあり、選手たちのテンションは高く、お互いにポイントを話し合ったりと最初から良いトレーニングを行う事が出来ました。

 

最初の練習でスペースを見つける事に慣れた所で続いては、スペースにどのようにボールを運ぶかを判断してもらうスペース判断ドリルを行いました。

 

まずは2v1から。後ろ向きになり、合図で前を向き、目の前の状況を判断してスペースにボールを運ぶ練習です。コミュニケーションとスペースに走こむ意識が大事です。最初は自信なさげに小声でのコミュニケーションしか取れていなかったので、 とにかく自分の目の前の状況を味方に伝える事が大事であると伝えました。その後はスムーズにボールが動き、それとともに走りこむ事も少し出来てきました。

 

続いては3v2に。 先ほど2v1で慣れたので、選手は最初からスペースを見つけ、判断し、コミュニケーションをとりながらスコアまで持っていく事ができました。 人数が増えても、意識させるポイントを変えない練習だと、すぐに課題をクリアしてくれます。選手達の上達の早さには驚かされます。

 

次はより実際のラグビーの試合に近いハンティングタッチを行いました。この練習は昨年も実施したのですが、選手たちが大好きなメニューだったようです。待ってました!と言わんばかりのテンションの上がりようでした。 実際に行ってみると、中学生の選手達が中心となり、 各グループでその都度ミーティングを行い、質の高い楽しいゲームが出来ました。

 

昨年はラグビーのパスやキャッチなどのベーシックスキルを入念に行いました。今年は、判断を行う事をプラスして指導しています。 練習は楽しくできていますが、少しベーシックスキルが足りていないとも感じるので、判断する練習とベーシックスキルの両方をバランスよく向上できるようにトレーニンを行っていきたいと思います。


【第3回練習内容】

1、 W-UP

2、 4コーナータッチ

3、スペース判断ドリル

4、 ハンティングタッチ

5、 クールダウン

 

メインコーチ 松原

アシスタントコーチ 長田

サポートチーム 釜石シーウェイブス(須田選手・佐伯選手・中野選手)

【2017岩手県釜石市クラス】第2回レッスンリポート(7月19日)

第2回放課後ラグビー釜石クラスが、釜石市松倉グランドで開催されました。 今回も、釜石シーウェイブスの松原コーチと長田コーチに加え、 釜石シーウェイブスの須田キャプテン・佐伯選手・中野選手の3名も指導にあたってくれます。

 

釜石クラスは、欠席者も無く小学5年生から中学3年生までで編成された、19名でスタートいたしました。 今回は、釜石クラスのテーマである 『アタックの原則に基づいた得点するまでのトレーニング・ランニングスキル』に基づいて 『スペースを見つけて、スペースにボールを運び前進する』事を指導していきます。

 

いつも通りW-UPからです。今回から釜石シーウェイブスでも行っているW-UPを行っていき、W-UPからスピードとアジリティーを強化していきます。 慣れない新しい練習でも選手たちは興味津々で、真剣に取り組んでくれます。

 

そしてランニングトレーニングです。 前回と同様のキーファクターを意識してもらい、取り組んでもらいますが 選手は何も言わずにも意識して取り組んでくれて、みるみるランニングのコツを覚え、早くなっていくのが目に見えてわかります。わずか2回でここまで上達するのかと感心すると共に、選手達の伸び代に、指導するこちらもどこまで速くなるのかが楽しみで仕方がありません。

 

その後はラグビースキル練習に入っていきます。 選手達のベーシックスキルレベルが高いので、今回からはキャッチパスだけでなく、ランニングしながらのキャッチパスのトレーニングを行います。 最初は、ドリルのルールを覚えるので上手く出来なかった選手もいたのですが、 最終的には、選手がのびのびと楽しく行い、こちらが求めるレベルの練習となり、また選手達の上達を感じる事が出来ました。

 

次は先ほど行ったドリルで身についたスキルを、より実戦形式で発揮できるように スペース判断ドリルを行います。 合図と共に選手達が振り向いて、スペースを見きわめ、キャッチパスなのか、ランニングなのか判断して前進するドリルです。 単純なスキルだけの練習ではなく、考える事が増える事で、楽しく上手に出来るか心配でしたが、 ここでも選手同士でキーポントの声を掛け合いながら楽しく行う事ができました。

 

そして最後はお待ちかねのゲームの時間です。 「次はゲームを行います。」と言った途端、待ってました!と言わんばかりのテンションの上がりように、コーチ達も思わず笑ってしまうほどです。 今回のゲームは、2回目のテーマでもあります『スペースを見つけて、スペースにボールを運び前進する』を意識できるようなルールにしました。まずはATとDFに分け、さらにその中でもDFを2チームに分けて、ATの人数に対してDF人数が半分になるように設定し、スペースが沢山出来るようなルールとしました。 新しいゲームで、昨年とはルールが多少変わったので、最初は少し戸惑いがありましたが、 直ぐに理解し、選手同士で意見を言い合いながら、自分たちで課題を見つけて取り組んでくれました。 本当にみんな楽しそうでした。

 

指導させてもらうたびに気づくのですが、 選手達は自分達が想像している以上の、理解力・行動力・実行力で練習に取り組んでくれます。 一つの練習をするたびに確実に上達してくれて、指導させてもらっている自分達が驚かされてばかりです。 次回から練習も、テーマに基づき、楽しみながら上達を感じられる練習を行っていきたいと思います。


【第2回練習内容】

1、W-UP & ランニングスキル

2、 ランニングキャッチ&パス

3、 スペース判断ドリル

4、Half DF タッチフット

5、ストレッチ& フィードバック

 

メインコーチ 松原

アシスタントコーチ 長田

サポートチーム 釜石シーウェイブス(須田選手・佐伯選手・中野選手)

【2017岩手県釜石市クラス】第1回レッスンリポート(7月12日)

2016年に引き続き、2017年も放課後ラグビー釜石クラスが、松倉グランドで開催されました。 今回は、釜石シーウェイブスの松原コーチと長田コーチに加え、 釜石シーウェイブスの須田キャプテン・佐伯選手・中野選手の3名も指導にあたってくれます。

 

釜石クラスは、一人欠席者がいましたが、小学5年生から中学3年生までで編成された、18名でスタートいたしました。 釜石クラスのテーマは 『アタックの原則に基づいた得点するまでのトレーニング・ランニングスキル』 です。 そして何より 全10回で毎回、選手もコーチも楽しく上達を実感できるように行っていきたいと思います。

 

昨年同様、釜石クラスは最近入部した選手もいますが、シーウェイブスjrの選手が多く、 基本スキルは、ある程度身についているので、初回は昨年の指導内容を覚えているか・スキルレベル、ランニングスキルの確認をおこないます。

 

まずは、W-UPからです。 今年から、W-UPにランニングスキル・スピードトレーニングの要素を含めたもを行っていきます。 まずは、ラダーとハードルを使ったW-UPを行い身体を暖めつつもアジリティー能力の向上を狙い 実際のランニングトレーニングに移っていきます。 昨年も使っていたキーファクターを忘れてないかな。と、コーチは少し不安でいたのですが、 コーチの気持ちとは裏腹に、始めるなり選手同士でキーファクターを指摘し合い、スムーズに内容の濃いランニング&スピードトレーニングを行うことができました。最後には全選手が学校の運動会でトップになれるくらいに指導していきたいと思います。

 

次に、キャッチングスキルのトレーニングに移ります。 最初は、2グループに分かれて ラグビーボールのキッキングキャッチとテニスボールキャッチを行います。 ここでも凄いです。 出来る選手が出来ない選手に教えるなど選手同士で指摘し合い 良い雰囲気で要点を押さえたセッションになり、最後はミスはあるものの積極的な次につながる終わり方ができました。

 

次は、ベーシックパススキルのトレーニングです。 先ほど同様、選手からセッションが始まるなり これは、ここを意識してやろう。など要点を言い合いながら行い 一番驚かされたのは、一人の選手が 「去年教えてもらった、このスキルは必要じゃないのですか?」 と、逆にコーチが指摘される場面もあり、選手たちのレベルの高さに驚かされる場面もありました。 全10回で、選手たちの行っているスキルのレベルがトップリーグなどと変わらないところまで到達しそうで楽しみです。

 

来週も、あまり要素は変えすぎず、個々の能力が成長でき、ラグビーをより好きになってもらえるような練習内容で行っていきたいと思います。


【第1回練習内容】

1、W-UP & ランニングスキル

2、 キッキングキャッチ&テニスボールキャッチ

3、 ベーシックパススキル

4、 ストレッチ& フィードバック

 

メインコーチ 松原

アシスタントコーチ 長田

サポートチーム 釜石シーウェイブス(須田選手・佐伯選手・中野選手)