【2017福岡県福岡市クラス】第6回レッスンリポート(8月7日)

今日もサポート学生による30分のウォーミングアップから始まりました。

 

今回はベーシックなところで、2対1、3対2のアタックディフェンスを行いました。パスダミーをして内に切り込んだり、相手を引きつけてバックフリップをしたりするなど、今までの練習が少しでも身についていることに嬉しく思いました。

 

次に、学生対中学生でのハーフコートにゴールを四隅に設置し、前投げもありのパスを繋げてゴールにボールを運ぶ練習を行いました。タッチされる前にボールをスペースに持ち込んだりパスをしたり、常に頭を使う難しい練習でしたが中学生間の的確な声かけやコミュニケーションもあり、美しいパスの繋ぎが何度も見られました。

 

ここからは1時間の高井コーチによるセッションです。テーマはリアクションでした。足踏みをして待つ中学生に、高井さんが右、左のジェスチャーに対してその方向にロールする練習です。中学生達も笑いながら行なっていましたが、隣りと競うようにいい動きをしていましたので、楽しく、そしてその練習も身についていると実感し、とても良い雰囲気で行えていると感じました。

 

次に、4枚のアタックに対し内側から3枚のディフェンスが一気に沸いていく練習です。 アタックはディフェンスを切るために素早いパス回しが要求されます。そのためか、初めはミスがあったものの、流れていること、パスをフラットにするようにアドバイスをしたところ、改善が見られました。 中学生は皆、90分の時間を楽しみながらも真剣に取り組んでくれているから我々も楽しく感じますし、中学生にもっとラグビーを好きになってくれる場になってもらえるように毎回改善を図っています。次回は三週間後と少し期間が空きますが、また次回もよろしくお願いします!


【第5回プログラム内容】

1、ウォーミングアップ(パスゲーム)

2、2対1、3対2 ・パスゲーム

3、ストレッチパス

4、リアクションドリル

5、判断ドリル

6、体幹トレーニング

7、ハンドリングゲーム(タッチ式)

8、ハイパントキャッチ

 

メインコーチ:高井明彦

アシスタントコーチ:築城 康拓

サポート 福岡大学ラグビー部