北海道札幌市クラス リポート


【2018北海道札幌市クラス】第5回レッスンリポート(2018年7月11日) 

天気 晴れ 気温18度

 

今日で全10回の折り返しとなります。今回も雨にあたることがなくコンディションのよい天然芝での開催となり、3名の欠席がありましたが32名が集まってくれました。

 

ここまでの振り返りでは、小学生グループでは上達を実感できている選手が多くいましたが、中学生はもっと運動量を増やしたいという声も聞こえてきています。もう少し変化をつけていきたいと思います。

 

継続しているパス練習では、小学生はキャッチミスが目立ちました。よって、キャッチングの精度を高められるよう手の使いやアーリーキャッチを指導しました。中学生は片膝をついてのパスではコントロールが定まらないケースが見られました。こちらはフォロースル―をもっと意識して欲しいです。パスの練習を活かせるゲームをしましたが小中学生とも達成ならず・・・。次回に持ち越しです。

 

今週のテーマは、サポートプレーとボールプレゼンテーション。 全体でサポートするシーンの確認をしました。どこにいたらサポートできるのかということと、やはりここでもコミニケーションが必要だということを指導しました。パス&フォローでは3人一組でパスしたら最短距離でレシーバーをサポートする練習を行いましたが、パスして終わってしまいそうになるケースが目立ちました。自然と身体が動くようになるまで継続メニューに加えていきたいと思います。

 

スネークランという練習では様々なサポートを組み合わせて実施しましたが、続けるうちによく声がでるようになってきました。コミニケーションの重要性を感じてもらえたと思います。

 

ボールをリップする動作は小学生は初めての選手が多かったようです。手だけでボールを取りに行く選手が多かったので、次回以降ボールの取り合いなどもメニューに加えて身体の使い方を覚えてもらえるようにしていきたいと思います。

 

ボールプレゼンテーションではロングリリースとジャックナイフのエクササイズを実施。より味方に近くへボールをコントロールしておくことを意識付けしました。中学生は更にスピードの要素を加えました。

 

練習中に5年生の選手から、「ボールを隠しながらでよいですか?」という、とても良い質問がありました。「ラッコのようにボールを相手に見せない、ボールをしっかり持って」ということを伝えました。話はそれますが、開会式の際に、一つの練習で一つの質問を考えてみよう!とコーチからお願いしていたことを覚えてくれていたようです。生徒から質問してくれることが、コーチたちもとても嬉しかったです。

 

ゲームの中で、練習したスキルを発揮するルールということで、今日は2種類のタッチゲームを行いました。最初はタッチされた選手は必ずロングリリースでボールを出す、タッチした選手は一度ゴールまで走って戻ってから再参加というルールでのゲーム。中学生はしっかりボディーコントロールしくれていました。サポートする選手がすぐにボールを動かすこともできていました。素早いロングリリースからサポート選手が素早くボールを動かし、先週のテーマであったスペースにボールを運ぶことや、コミュニケーションも意識され、とても良い形で得点を重ねていました。

 

もう一つにゲームは、一回タッチされても継続できて、二回目タッチされる前にサポート選手にパスでつなぐことができるというダブルタッチのルールで実施。オフロードの精度は低かったですがサポート選手の声も良く出ていて今回の練習の目的に合致した内容となりました。

 

締めには小学生グループも中学生グループもランニングフィットネスでしっかり走りました。小学生の中には今週末に菅平での交流大会に参加する選手も数名いるようです。怪我なく活躍してくれることを願っております。今週も熊谷リーダーのスリーチアーズで終了しました。



≪第5回練習内容≫

1.ウォーミングアップ

 ファンクショナルムーブ、ミラーラン、ハーキードリル

2.キャッチ&パス

3.4列パス カウント

4. パス&フォロー

5. スネークラン (ショートパス、リップ、バインドドライブ、ピックアップ)

6.ボールプレゼンテーション(ロングリリース、ジャックナイフ)

7.ゲーム①タッチフット 

  ロングリリース&自ゴールライン戻り

8.ゲーム②ダブルタッチ

9.ランニング & ストレッチ

 

メインコーチ 長谷川竜介

アシスタントコーチ 菊池直哉、立野弘高 

【2018北海道札幌市クラス】第4回レッスンリポート(2018年7月4日) 

天気 曇り 気温20度

 

今週も雨模様が予想されていましたが、クラス開催時間中は雨にあたらずコンディション良い中での開催となりました。今日は、放課後ラグビーに参加している選手の兄弟や保護者の方もクラスを待っている間にタグラグビーを楽しんでもらいました。放課後ラグビーから新たな動きが生まれています。

 

まずは先週までの振り返り。過去3回のキーファクターをしっかり覚えていてくれていました。あとは反復練習が大事になりますが、自主練種もしてくれているようで嬉しいです。

 

ウォーミングアップと継続して取り組んでいるキャッチ&パス練習からスタート。ウォーミングアップではハーキーやミラーランなどの新しいメニューを組み込みました。キャッチとパスの継続メニューは上達が感じられてきました。中学生は内側の片膝をついた状態まで発展させ、身体の勢いを使えない状態でのパス練習を行いました。コントロールに難しさを感じているようでしたのでこちらも継続して練習していきたいと思います。その後は、4列でのパス継続のドリルを行いました。昨年度経験した選手がリードしてくれました。小学生は50回を中学生は100回を目標にしましたが、時間をかけずにそれぞれ達成してくれました。今日の小学生グループはとてもよく声がでていて、声がでているときにミスが少なくなるということも感じてくれたかと。来週はストレートランをもっと意識づけして継続したいと思います。

 

 

第4回目のテーマは「スペースへボールを運ぼう」です。キーファクターとして「スペースへ走りこむ」こと「コミニケーション」が必要ということを事前に理解してもらいました。

 

まずは5mグリッド内でペアがキャッチができるぎりぎりにボールを出すゲームで、スペースにボールを運ぶためのキーファクターを意識できるよう誘導しました。

 

次はチーム対抗のボールゲームです。15m×25mのエリア内に3m四方の得点エリアを3か所つくり、得点エリアに、パスでボールを運ぶルールです。最初はボールに集まってしまいスペースを使っていないこと、止まった状態でパスを要求していることでうまくボールがつながりませんでしたが、チームトークを重ねてスムーズにボールを動かし得点するケースが増えてきました。声もよく出ていました。キーファクターの実践でパフォーマンスが向上していることを実感してくれたかなと思います。

 

ゲームで盛り上がったところで、スペースを創りだすための動きとして、ケンコーチに、クロスのドリルを担当してもらいました。国によって「スイッチ」「カット」など呼び方に違いがあることから説明。中学生は飲み込みも早くどんどん向上していきましたが、小学生はパスのタイミングが遅くてキャッチできないケースが多くみられました。パスを要求する声もよく出てはいましたが声をかけるタイミングも重要なのだということを学んでもらえたかと思います。その後はDFを付けて判断を加えましたが、ダミーをいれて自分で抜くなども中学生はできるようになってきました。

 

最後のタッチは先週も実施したタッチした選手が自陣ゴールに戻り参加できなくなるルールで最大で3人相手が減るシチュエーションにしています。

チームトークを交えながら回を重ねるごとにパフォーマンスが向上しました。スペースに走りこむ、またはクロスを仕掛けてラインブレイクできたりと今日の練習の狙い通りによいプレーが見られました。

 

締めは中学生は笠井コーチ、小学生は立野コーチにそれぞれフィットネスメニューを実施してもらいました。中学生は立っているパートナーにだっこの状態から体を一周する体幹メニュー。小学生はシャトルランを実施。

 

今日も全体的によく動きよく声をだしてくれて、とても良い練習でした。



≪第4回練習内容≫

1.ウォーミングアップ 

ファンクショナルムーブ、ミラーラン、ハーキードリル

2.キャッチ&パス

3.千本ノック

4.4列パス カウント

5.スピードボール3エリア

6.パスドリル(クロス)

7.ゲーム 3フェイズタッチ

8.体幹トレーニング&ランニング

 

メインコーチ 長谷川竜介

アシスタントコーチ 笠井建志、ケンドブソン、菊池直哉、馬渕勝、立野弘高

 

【2018北海道札幌市クラス】第3回レッスンリポート(2018年6月27日) 

天気 曇りのち霧雨 気温19度

 

前日からの雨で開催が危ぶまれておりましたが、午後には雨もあがり、無事に開催することができました。2回目に続き、天気も放課後ラグビー開催の後押しをしてくれているかのようです。

 

開始のミーティングでは先週の振り返りからスタート。殆どの選手はラグビーノートを作成してくれていてしっかり記録を残しているようです。頭で理解した後は実際にグランドで体を動かしながら身につけていきましょう。

 

まずはパス練習から。利き腕のパスは上達が見られてきましたが、反対側についてはコントロールすることが難しい選手が多くいました。どうしても振り子スタイルのパスになりがちでした。少し距離が伸びると大きく体を振って飛ばそうとするので、余計にコントロールを失っている様子でした。これらの動作を改善していくには正しい動作での反復練習あるのみです。

 

今日のテーマは「効果的にパスを活用しよう」ということで、「ストレートラン」と「コミニケーション」の2つのキーファクターをあげました。一つめのメニューは、正面のマーカーに向かって走りながらボールをキャッチしてパスをするというシンプルな練習からスタート。ラグビープレーヤーとして必要なコミュニケーションとして、「パス!!」や「ハイハイ!!」というボールを要求するコーリングから、「右or左」、「深いor浅い」など、声で自分の位置を仲間に伝えることの大事さを伝えました。

 

小学生グループには途中でアーリーキャッチとフォロースル―を再確認するため、サークルでの手渡しパスを一度入れました。その後は、意識付けができたのか、パフォーマンスに向上が見られました。中学生グループは、1人、2人、3人と人数を増やし、さらにスペースも広げながら段階的に難易度をあげましたが、距離が伸びるとストレートランができずに流れてしまうケースも散見されました。これは今後の課題ですね。

 

続いては、決められた場所に、パスとランのどちらが早くボールを運べるかの競争をしました。コーチ陣としては、パスの方が早いということを理解させたくて行いました。競争の前に、パスとランでは、どちらが早くボールを運ぶことができるか参加者達に質問しました。中学生はパスが有利と考える選手が多く、小学生はランが有利という考えが多かったです。論より証拠ということで、どちらの考えが正解なのか、パスチームとランチームに分かれて競争を行ないました。小学生はパススキルが未熟なためランチームが勝利。中学生はコーチ陣の期待にしっかり応えてくれてパスチームが勝利。パスが上達すればパスの方が早くボールを動かせるということを証明してくれました。この結果により、小学生が今後さらにパスの練習に真剣に取り組んでくことを期待しています。

 

その後は実戦形式の2対1を実施。今度は判断力も必要になってきます。小学生グループでも空いたスペースを見つけてトライできたり、パスダミーを使ってみたり、レシーバーの選手がパスを要求したりと良いプレーが見られました。さらに途中で今日のキーファクターであるストレートランを説明した後は、さらにプレーの質が向上し、良いパスプレーでのトライも見られました。その後は、小学生は3対1、中学生は3対2まで発展させました。

 

ゲームでは今日の練習で指導したことができているかを確認しやすいルールでのタッチフットを行いました。このタッチフットは、タッチしたDFの選手は自陣ゴールまで走って戻ります。それによりフェイズごとにDF側の人数が減るルールです。攻撃側は空いたスペースにどうやってボールを運ぶのか、スペースが空いたことを仲間にどう伝えるのかなど、これまでの練習を活かせるものです。

 

最初は今日の練習で指導したことを忘れていましたが、チームトークで今日の指導したことを振り返ってもらいました。その後は、空いたスペースに走り込むプレー、パスを使ってスペースにボールを運ぶプレー、ストレートランでのプレーなどが見られるようになりました。

 

締めのS&Cメニューは、小学生は立野コーチ、中学生は笠井コーチが担当しました。中学生はお姫様だっこから足をつかずにパートナーの身体を一周するエクササイズ。小学生はランとブリッジを交互に実施。今日の練習もみんな元気にたくさん走りました。

 

クロージングでは、しっかりとコーチの話を聞くように教育的指導をしました。3回目となり、良い意味では参加者同士の緊張が解けてきましたが、その分、おふざけも入ってきたので、もっとラグビーに真剣に向き合うように伝えて、本日のクラスは終了となりました。

 

今年のクラスには、トレーナーでありミニラグビーチームのコーチでもある仲澤亜紀子さんがサポートスタッフとして参加してくれています。怪我が起きた際の対応ができる方なので、とても心強いです。



≪第3回練習内容≫

1.ファンクショナルロール

2.ハンドリング 

  ラテラルパスドリル

  ドローパス 

3.パス&ラン競争

4.ナンバリング2対1 3対2

5.ゲーム 3フェイズタッチ

6.体幹トレーニング&ランニング

 

メインコーチ 長谷川竜介

アシスタントコーチ 笠井建志、菊池直哉、馬渕勝、立野弘高、吉田甲大

助手 仲澤亜紀子

【2018北海道札幌市クラス】第2回レッスンリポート(2018年6月20日) 

天気 曇り 気温15度

 

試験の関係で先週お休みだった中学生は今週が初回となりますので、先週の開会式で決まったことなどの説明からスタート。

 

まずは先週のキャッチングとパス動作の基本についての振り返りをしました。頭の中ではちゃんと理解してくれていましたが、復習として同じ練習をしましたが身につけるにはもう少し反復練習が必要です。 継続して上達のサポートをしたいと思います。その後は転がっているボールのキャッチング、ハイボールのキャッチング、ガットパスなど様々な ハンドリングにチャレンジ。デモ役の中2祥平君はマイボールのコーリングもしっかりと小学生に見せてくれました。ゆっくりですがDF役もつけてキャッチングのあとのステップやピボットなどの動きも実践し前進する意識付けを行いました。

 

今日のテーマは、「前進するためのランニング」として、スピードでキャッチすることにフォーカス。ヘッドダッシュではトップスピードでキャッチすることに最初はミスも目立ちましたが 徐々に声もでて手をだせるようになって上手にキャッチできるようになってきました。中学生は更に進化させて、アングルを変えてのキャッチ&ランも実施しました。コーリングのタイミングを早くすることでプレーの精度もあがることを感じてくれたかと思います。 

 

2対1でも今日はオフザボールの選手が走りこんでスピードでもらうということを意識してもらいました。最初はぎこちなさも見えましたが徐々にタイミングよくトップスピードでボールがつながるシーンも見られるようになってきました。コーリングのタイミングと何を伝えるのかが重要なのだということを身につけてほしいと思います。慣れたところで3対1にサポートを増やし更にディフェンスを増やして3対2のシチュエーションで、ポジショニングを深くしてスピードでボールをもらう練習に発展しました。

 

基礎練習に続いてゲームでの実践です。小学生はスピン&チェイスを実施。今日は段階的ルールで、第一段階では、ボールキャリーが走れて複数のボールを使用して行い、第二段階ではボールを減らし、第三段階ではキャリアが走れないルールにしてスペースを狭くしました。最初はバラバラに動き、パスミスが目立ちました。チームトークを繰り返しはコミニケーションが必要だという答えが見えてきました。また、オフザボールの選手がゆっくり動いていては有効なアタックにならないということも感じてもらいました。

 

中学生はゲームをノーマルタッチに変えましたが、今日のテーマであったスピードでボールをもらえるよう走り込んでチャンスを活かしていたケースも多く見ることができました。

 

最後のメニューは、小学生はチーム対抗の110m走で盛り上げてから全体でグラウンド脇で見学しくれている保護者の皆さんに向かって基本姿勢。保護者の皆さんに笑顔!?を見せてがんばりました。

 

クロージングでは、キャッチングとパスのポイントと今日の振り返りの中からコミニケーションが大切なのだという結論に理解が達したと思います。主体的な気づきを大切にしてあげたいと思います。リーダー熊谷君のスリーチアーズで元気よくしめて第2回目を終了しました



≪第2回練習内容≫

1.ファンクショナルロール

2.ハンドリング パスドリル

3.ハンドリングドリル ゴロキャッチ、ハイボールキャッチ ガットパス

4.ヘッドダッシュ 

5.2対1

6.3対1→ 3対2

7.ゲーム①スピン&チェイス

8.ゲーム②ノーマルタッチ

9.フィットネス&基本姿勢

 

メインコーチ 長谷川竜介

アシスタントコーチ 笠井建志、菊池直哉、立野弘高、馬渕勝、吉田甲大

 

【2018北海道札幌市クラス】第1回レッスンリポート(2018年6月13日) 

場所:月寒ラグビー場 天気:曇(気温13度)

 

まずは開始式から。参加してくれたプレーヤー達と札幌クラスにおける目的(ゴール)を共有しました。今年のテーマは「放課後ラグビーを通して、新しいスキルを身につけ、新しい友達を作り、ラグビーを楽しむ」としました。 10週間後のみんなの成長の姿が楽しみです。

 

今年の参加選手達は全員がラグビースークール等の所属選手ということで完全な初心者はいません。ただラグビーを始めたばかりの選手もいるので、昨年と同様にしっかりと基礎基本を指導して行きたいと思っています。参加者の中には小樽から参加してくれている選手もいました。とてもありがたいことです。 また募集開始からすぐに定員に達したことも嬉しいことです。選手達の期待に応えられるようにコーチ達も頑ります。

 

開会式では参加者たち自身でリーダーとバイスリーダー、さらに札幌クラスにおけるルールも決めてもらいました。リーダーは放課後ラグビー3年目の中学3年生の熊谷君、バイスリーダーは中学2年生の大累君になりました。参加者達が決めたルールは「必ずリアクションをする」。コーチ陣も参加者が決めたルールをサポートして行きますね。 その後はJRFUから視察に来てくださった中村さんにご挨拶をいただき、さらに各コーチも挨拶。そして、いよいよ放課後ラグビーの練習をスタートしました。

 

雨は上がり、秋を感じさせるくらいの寒空の中、ウォーミングアップからスタート。参加者達は最初の練習から元気に動いてくれました。今年のクラスのウォーミングアップでは色々な動物の動きに似たファンクショナルムーブを行います。今日はスパイダーマン、インチワーム、ひよこ、クモ、リアクションダッシュを実施しました。これからの10回の練習を通して様々な動きにチャレンジしてもらおうと思います。

 

続いてキャッチングとパスの練習を行いました。キャッチングの際の指の使い方、腕の使い方などベーシックなテクニックについて、みんな真剣に取り組んでくれました。キャッチングとパスはおそらく全ての参加者が所属スクール等で指導を受けていることですが、改めて基本を再確認しました。参加者それぞれの基本の習得レベルを確認することができました。

     

スキルトレーニングではキャッチングしてからの1対1の抜き合いと、サポートがいる2対1を実施しました。なぜパスをするのか?パスを受ける人が何をしなくてはならないのかということを説明しました。参加達もしっかりと理解してくれたと思います。

     

その後はスキルをゲームの中で活かしてみよう!ということで2種目の判断を必要とするチーム対抗のゲームを実施しました。スキルトレーニングで声が出せていた選手はゲーム中のボールタッチの回数が多かったですね。中学生はコーチたちが求めるレベルのゲームを見せてくれました。小学生はこちらの設定したゲームのルールが少しハードルが高かったようだったのでルールを変更して行いましたが、みんな楽しくチャレンジしてくれていました。 最後は小学生は70m走、中学生は体幹トレーニングで終了。クロージングでは練習したボールキャッチとパスのキーファクターを再確認しました。ラグビーノートにちゃんと記録しておいてくださいね。

 

練習の締めのコールはリーダーとなった熊谷君の掛け声えで実施しました。昨年同様に「スリーチアーズ」で行くということで、今日は初めての選手達に説明もしました。みんなで声もそろってバッチリでしたよ。

 

今年の札幌クラスは送迎にきてくださった保護者の方や対象年齢以外の兄弟達がグラウンドの空きスペースでタグラグビーで遊んでいます。ここから新たな展開も見られそうです。 



【第1回実施内容】

1、開会式(30分)

2、ファンクショナル&ウォーミングアップ (12分)

3、ハンドリングペア・・正面/サイド/歩きながら/ジョギングペース(15分)

4、1対1(5分)

5、2対1(10分)

6、ゲーム① グラウンドボール(10分)

7、ゲーム② スピードボール(8分)

8、体幹(中学生)/ダッシュ(小学生)(3分)

9、クロージング(5分)

 

メインコーチ 長谷川 竜介

アシスタントコーチ  笠井 建志、ケン ドブソン、馬渕 勝、立野 弘高、吉田 甲大 

報告者 長谷川 竜介