兵庫県神戸市クラス リポート


【2017兵庫県神戸市クラス】第1回レッスンリポート(9月19日)

初日は7名全員が参加。中には同じラグビースクールに所属する子どももいるがほぼ全員が初対面で、皆が一様に緊張の面持ち。

 

なのでアイスブレイクを兼ねて自己紹介をしようと、重要事項を説明したあと、年齢、ポジション、得意なプレーや好きなプレーなどについて話をしてもらった。自分のポジションを把握していない子どもがほとんどで、中にはSOとフォワードを兼ねていたりと、この年代ではまだポジション特性に囚われていないことを再確認した。  

 

ともにラグビーを楽しむためには互いを知ることが必要不可欠。なので、名前を記入したガムテープを名札代わりに胸に張って、グラウンドに出た。  

 

スパイクを履く際に一つアドバイスをした。足はむくみなどして、日々または時間帯によってその状態が異なる。したがって毎回ヒモを緩めてから締め直すことが大切だと。それを告げると、皆が一斉に実践していた。些細なことで面倒だけれど、いいパフォーマンスを発揮するためには欠かせない心がけのひとつなので、ぜひ憶えておいてほしい。  

 

子どもたちの競技レベルを把握したいというこちらの意図と、少人数のためにできるメニューが限られていることから、パス、ランニング、キックといったインディビジュアルスキルを中心に行った。パススキルの始めくらいまでは緊張のため表情に固さがみられたものの、ランニングスキル辺りから笑みがこぼれ始め、最後のキックではお互いに会話をするなど、徐々に気持ちが解れたようである。 思いのほかキックを楽しそうに行っていたので、次回以降もキックを練習する時間を作ろうと思っている。

 

追記: 練習風景を撮りたいとサンテレビから取材を受けた。 練習中に数人の参加者と平尾剛がインタビューを行い、 その様子は9/20(水)21:30からの「NEWS PORT」で放送される予定。 また、神戸市教育委員会事務局 スポーツ体育課 国際スポーツ室から2名が練習見学に来られたことも、合わせて報告しておきたい。

 



《 第1回練習メニュー》

1、 ハンドリング各種

2、 パススキル

3、 ランニングスキル

4、 キック  

 

 

メインコーチ:平尾 剛

総括:伹尾 哲哉