大阪府東大阪市クラス リポート


【2017大阪府東大阪市クラス】第8回レッスンリポート(11月2日)

ラグビーのまち東大阪市において、今年度第8回目の放課後ラグビープログラムが開催されました。 本クラスのテーマは『安全、安心』。

 

ラグビーは、選手同士の身体の接触があるだけではなく、競技の中に複合的な動作を要するため、女子選手にとっては怪我のリスクが高いと言われておりますが、そんなことは関係ない!とばかりに日々熱い気持ちでラグビーに取り組むラグビーガールズにとっても、また初めて楕円球に触れる未来のラガールにとっても、本プログラムを通じてラグビーを安全に行うことにより、安心してラグビーライフを送って欲しいと思います。

 

今日も快晴の大阪です。高気圧の影響か、どことなく夏の終わりの夕暮れのような過ごしやすい日です。でも辺りはすっかり夜です。今日も楽しく、元気よく『安全・安心』に、いざ!レッスンがスタート!

 

今日のテーマは『DF』。今まで放課後ラグビーではベーシックスキル、特にキャッチングをゲームライクにインストールすることで、『AT』すなわち攻めに重きが置かれるような内容でした。しかし、今日はその逆です。それは何故か?練習計画の立案に、サポートに入る高校生たちからの『ちょっとこういうのもやったらどうですか?』的な助言があったからです(笑)。

 

ここは、高校ラガールズのリラーン(復習)も兼ねて、そのオーダー通りにプランニングです! もちろん、前回の復習も兼ねて入念にウォーミングアップに時間をかけて、『安全、安心』に。

 

レッスン冒頭のタッチフットでは、ここまでの子どもたちの成長を体現するかのごとく、目の前に繰り広げられる様相は、テレビに映し出される女子ラグビーそのものでした。これには指導陣も驚きです。レッスンに必要最低限のグランドながらもそれをフルに生かしつつ、やはりここはフリーズ(運動量が限定される)の時間を極力なくし、DFもATもゲームライクに織り交ぜながらレッスンを進めていきます。『守り(DF)』がどんどん整備されることにより、今度はキャッチングや攻撃そのものがどんどん成長していきます。レッスン終盤のゲームトレーニングでは自信に満ちたプレイぶりに指導陣も感動です。 レッスン最後の振り返りの時間では、コメントしようと間を置かずに手を挙げる子どもたちの成長に目を細め、本クラスも残り後2回かとなんとも言えない寂しさに苛まれた、今夜の大阪でした。 


《第8回レッスン内容》

【オープニング】

【ウォーミングアップ】

S&C)スタッティックストレッチ

S&C)バランストレーニング

S&C)ジョグ&パス

S&C)ダイナミックストレッチ

S&C)LINE UP

S&C)ラダー

【トレーニング】

Game Like)タッチフット

Technic)DFポジション

Skill) 4対3

Skill) 5対4

Game Like)7対7 ゲームトレーニング

Team talk)

Game Like)7対7 ゲームトレーニング

Team talk)

Game Like)8対8 ゲームトレーニング(ワイド)

Team talk)

Game Like)8対8 ゲームトレーニング

Team talk)

Game Like)8対8 ゲームトレーニング

Team talk)

【クールダウン】

S&C)マーカー片付けラン

S&C)ストレッチ

【振り返り】

【クロージング】

【栄養補給】

 

メインコーチ:南條賢太

アシストコーチ:竹田良信

プレイングコーチ:木村、角藤、福池、(Hanazono Hollyhocks)

サポートチーム:岩本、綿本、和泉田、奥村、豊田(Anan Camellia)

【2017大阪府東大阪市クラス】第7回レッスンリポート(10月26日)

ラグビーのまち東大阪市において、今年度第7回目の放課後ラグビープログラムが開催されました。 本クラスのテーマは『安全、安心』。 ラグビーは、選手同士の身体の接触があるだけではなく、競技の中に複合的な動作を要するため、女子選手にとっては怪我のリスクが高いと言われておりますが、そんなことは関係ない!とばかりに日々熱い気持ちでラグビーに取り組むラグビーガールズにとっても、また初めて楕円球に触れる未来のラガールにとっても、本プログラムを通じてラグビーを安全に行うことにより、安心してラグビーライフを送って欲しいと思います。

 

秋晴れの大阪です。レッスン開始時、すでに月が上空に。1回目のレッスンの頃には同時刻にまだ日が沈んでいなかった事を思うと、すっかり秋が深まったのだなぁと実感します。そろそろ千秋楽に向けてカウントダウンが始まっています。

 

今日も楽しく、元気よく『安全・安心』に、いざ!レッスンがスタート! 以前よりも気温が下がり始めているからこそ、入念にウォーミングアップに時間をかけ、前回は参加出来なかった高校生ラガールズたちの導きのもと、一緒に『安全、安心』を実践してくれています。

 

そして今日のテーマは『パス』。高校生たちは『つながる、つなげる』をレッスン生に解りやすくするために、キーポイントを2つに絞って落とし込んでくれました。女子選手は長いパスを投げることが難しいと言われておりますが、そんなの関係ない!小学生だからって大丈夫!チャレンジしたい!楕円球に触れて間もないけどやってみたい!と想いが満載で失敗を恐れず、高校生たちの心地よい声かけのもと、どんどん飛距離が伸びてきます! そこで、テクニックから少しずつスキルの習得へと移動していきます。

 

せっかく長い距離を投げ出しているからこそ、ここは慎重に進めていきましょう!とばかりにスモールステップを踏むと、ゲームライクトレーニングの中においてもパスの距離がどんどん伸びていきます。パスの距離が伸びればDFの間隔も広くなり出して、今度は前回の『仕掛ける』が生きてきます!

 

まだ楕円に触って6周目の未来のラガールがどんどん人を抜き去っていく姿には、感銘を受けました。 予定していたゲームトレーニングが終わった頃、子どもたちから『え・・・もう終わり?』の声が出て、ならばもういっちょ!と笑顔で溌剌とノンストップでゲームをやりきるラガールズの姿を見て、彼女たちの無限の可能性に心がワクワクした、今夜の大阪でした。


《第7回レッスン内容》

【オープニング】

【ウォーミングアップ】

S&C)スタッティックストレッチ

S&C)バランストレーニング

S&C)ジョグ&パス

S&C)ダイナミックストレッチ

S&C)LINE UP S&C)ラダー

【トレーニング】

Technic)スタンディングパス(ショート)

Technic)スタンディングパス(ロング)

Technic)ウォーキングパス(ロング)

Technic)ジョギングパス(ロング)

Skill)ジョギングパス(ロング)から7対3

Skill) 2対1

Skill) 3対1

Skill) 4対2 

Game Like)タッチフット

Game Like)7対7 ゲームトレーニング

Team talk)

Game Like)8対8 ゲームトレーニング(ワイド)

Team talk)

Game Like)4対4 ゲームトレーニング

Team talk) Game Like)4対4 ゲームトレーニング

Team talk) Game Like)7対7 ゲームトレーニング

【クールダウン】

S&C)マーカー片付けラン

S&C)ストレッチ

【振り返り】

【クロージング】

【栄養補給】

 

メインコーチ:南條賢太

アシストコーチ:竹田良信

プレイングコーチ:木村、角藤、福池、(Hanazono Hollyhocks)

サポートチーム:岩本、植田、新居、和泉田、奥村、豊田(Anan Camellia)

 

【2017大阪府東大阪市クラス】第6回レッスンリポート(10月19日)

今日で6回目のレッスンとなり、すっかり秋が到来した大阪です。台風が迫り小雨が降る最中、今日は室内でのレッスンとなります。それでも時間通りに集まってくる生徒たち。ラグビークラブハウスに集まる時にも、互いを名前で呼び合い、笑顔で再会を喜び合う姿を見て私もホッコリ嬉しくなりました。

 

さあ、今夜もいざ!レッスンがスタート! 今日は体育館でのレッスンです。限られた空間でのタッチラグビーでは物足りない。そうです。こんな時こそ、タグラグビー!タグの活用方法は沢山あるのです! そもそも、タグという言葉は(添える、後につく)という意味があり、タグラグビーは『ラグビーに添える、後についていく』という意味でできたものであり、本来はラグビーテクニックを習得するために発案されものなのです。だから、タッチラグビーでは出来ない細かな動作も自然と習得できることに着目し、毎年の大阪クラスのレッスンでは存分に活用しております。 そんなタグの効果を利用して、今回のテーマは『仕掛ける』です。

 

体育館の硬い床による足首への反発力を考慮して、2つのステップをスキル練習でスピードコントロールをしながらインストールし、ゲームライクトレーニングで実践していきます。そして、今回はノンストップでタグラグビーを行いゲームの中でカオス状態を意図的に作り出し、如何なる場面でも自ら仕掛ける様な声かけのもと、生徒たちは溌剌と大声を出しながら動き続けていきます。 気がつけば、羽織ったビブスにも汗がにじみ出る様相にも、子どもたちは笑顔でラグビーに没頭していきます。

 

前回(第5回レッスン)の『キャッチング』も自然と今回に『つなげ』ながら、自然とオフロードパスも生まれる様相を見て、思わず指導陣もボルテージが上がります。 レッスン最後の振り返りでも、自ら手を上げてコメントを述べる子どもたちが増え、内に貯める鬱憤を晴らすかのごとく、爽やかな表情でポジティブな言葉を聞くことができました。

 

秋の到来で肌寒さもあった体育館も気がつけば生徒たちの熱気に包まれて、子どもたちの熱い笑顔で輝く姿を見れてることが、我々にとって至福の時間であることを改めて知った、今夜の大阪でした。 



《第6回レッスン内容》

【オープニング】

【ウォーミングアップ】

S&C)スタッティックストレッチ

S&C)バランストレーニング

S&C)ダイナミックストレッチ

【トレーニング】

Game Like)ウォーキングタグラグビー

Team Talk)

Game Like)ウォーキングタグラグビー(競歩)

Skill)1on1(サイドステップ)

Skill) 1on1(ダブルステップ)

Skill)2対2

Game Like)4対4 ゲームトレーニング(タグ)

Team talk)

Game Like)5対5 ゲームトレーニング(タグ)

Team talk)

Game Like)5対5 ゲームトレーニング(タグ)

Team talk)

Game Like)5対5 ノンストップタグラグビー(7分)

Team talk)

Game Like)5対5 ノンストップタグラグビー(3分と言いながら5分)

【クールダウン】

S&C)マーカー片付けラン

S&C)ストレッチ

【振り返り】

【クロージング】

【栄養補給】

 

メインコーチ:南條賢太

アシストコーチ:竹田良信

プレイングコーチ:木村、角藤、福池、(Hanazono Hollyhocks)

サポートチーム:梅田、綿本(Anan Camellia)

 

【2017大阪府東大阪市クラス】第5回レッスンリポート(10月12日)

ラグビーのまち東大阪市において、今年度第5回目の放課後ラグビープログラムが開催されました。 本クラスのテーマは『安全、安心』。 ラグビーは、選手同士の身体の接触があるだけではなく、競技の中に複合的な動作を要するため、女子選手にとっては怪我のリスクが高いと言われておりますが、そんなことは関係ない!とばかりに日々熱い気持ちでラグビーに取り組むラグビーガールズにとっても、また初めて楕円球に触れる未来のラガールにとっても、本プログラムを通じてラグビーを安全に行うことにより、安心してラグビーライフを送って欲しいと思います。 

 

さて、早いもので、もう5回目のレッスン。丁度折り返し地点に来ました。すっかり涼しい大阪です。金木犀の香りが風に乗ってフィールドに漂い、秋を感じさせてくれます。本格的なラグビーシーズンの到来を五感で感じながら、今夜もいざ!レッスンがスタート! 今では談笑しながらレッスンに集まる子どもたち。今夜は遠征を目前に控えている高校生がレッスンサポートに参加できず、また、レッスンスタート時のメンバー構成が小学生3人、中学生1人の4名であったため、フィールドに立つプレイヤーの少なさを知り、違った意味で雰囲気がどんより(笑)。ここは、今までの指導陣の反省も踏まえて、プログラム内容に変更を加えて対応しました。 

 

先ずは本クラスの『安全、安心』というテーマに基づき、念入りにウォーミングアップを行いました。そして、昨年度の放課後ラグビーでのテーマであった『つながる、つなげる』を用いて、キャッチングに重きを置きながら、簡単なテクニックドリルを盛り込んでレッスンを進めて行きます。 ですが、どうしてもゲームライクなトレーニングを好む、まだまだ幼い子どもたち(笑)。そう、それは仕方がないのです。ラグビーをしたい、ラグビーを楽しみたいがゆえに集まっているのですから。

 

そんな、所々で子供たちが醸し出す「楽しくゲームしたい」不満感が見えても、グッとこらえてキーポイントを伝えながらテクニックドリルを進めて行きました。そうすると、自然とゲームの中でボールを落さなくなり、それが成功体験であるかのごとく、またテクニックを確認する時には、不機嫌な様子も徐々になくなっていきます。大変わかりやすい!(苦笑) 

 

レッスンの『振り返り』では、『キーポイントを意識しながらプレイしたら、ゲームの中でミスが少なくなったので、次はシンドイ時でも意識してやっていきたい』と、嬉しいコメントがあり、子どもたちが自然と次に『つながる、つなげる』姿勢を見て、私自身も感銘を受けました。 同じ人間が同じ競技をする上で、男子か女子かでこれほど違うのかと驚く場面も多々ありますが、女子競技者の特性でもある『やると決まればとことんやる』という勤勉な姿が今日のレッスンで現れてきました。大人の階段を登るシンデレラのように、子どもたちの成長を側で観ながら、私自身が学べる幸せを改めて噛み締めた、今夜の大阪でした。 


《第5回レッスン内容》

 

【オープニング】

【ウォーミングアップ】

S&C)バランストレーニング

S&C)ジョグ&パス

S&C)ダイナミックストレッチ&ショートダッシュ

S&C)ラダー

【トレーニング】

Game Like)3対3 ゲームトレーニング

technic)パス&キャッチ

Game Like)3対3 ゲームトレーニング

technic)パス&キャッチ

technic)2列パスy

Skill)縦2対1

Skill)5対3

Game Like)5対5 ゲームトレーニング

Team talk)

Game Like)5対5 ゲームトレーニング

Team talk)

Game Like)5対5 ゲームトレーニング

Team talk)

【クールダウン】

S&C)マーカー片付けラン

S&C)ストレッチ

【振り返り】

【クロージング】

【栄養補給】

 

メインコーチ:南條賢太

アシストコーチ:竹田良信

プレイングコーチ:木村有希(HanazonoHolluhocks)

【2017大阪府東大阪市クラス】第4回レッスンリポート(9月28日)

ラグビーのまち東大阪市において、今年度第4回目の放課後ラグビープログラムが開催されました。

 

本クラスのテーマは『安全、安心』。 ラグビーは、選手同士の身体の接触があるだけではなく、競技の中に複合的な動作を要するため、女子選手にとっては怪我のリスクが高いと言われておりますが、そんなことは関係ない!とばかりに日々熱い気持ちでラグビーに取り組むラグビーガールズにとっても、また初めて楕円球に触れる未来のラガールにとっても、本プログラムを通じてラグビーを安全に行うことにより、安心してラグビーライフを送って欲しいと思います。 

 

さて、早いもので4回目のレッスン。今回は参加者が少なく、天候も不安定。でも、レッスン前には笑顔で談笑する子どもたち。既にここに集まることが彼女らの生活の中で当たり前になっているようなリラックスした雰囲気の中、いざ!レッスンがスタート!

 

レッスンスタート時には小学生6人(1人は所属するラグビースクールの練習で怪我をしたため、トレーニングルームで別メニュー)で開始することになり、ここはサポートチームの現役JKラガールズの手を借りてプログラムを進めました。

 

初回のレッスン時のあのピリピリした初対面の女子特有の緊張感を目の当たりにして以来、コーチとしては生徒たちの空気感に常に心を配っていましたが、そこはまだまだ幼若なラガールズ。適度の緊張感が『慣れる』へと変化するに従って、プレイを『楽しむ』から若干の『ふざける』が生まれそうな気配を感じました。 もちろん、レッスンプログラムの変化で子どもたちの気持ちをコントロールすることが疎かになっていた私を含めた指導陣の反省も踏まえつつ、子どもたちとも『話を聞く姿勢』=『安心、安全』に繋がることを再確認しました。

 

子どもたちのみならず、指導陣の『振り返り』においても、プログラムの見直しをして自分たちにも矢印を向け、たとえ人数が少ない日であっても『安心、安全』にレッスンを進めていくことを当然の鉄則として掲げなければならないと改めて心に誓った、今夜の大阪でした。


《第4回レッスン内容》

 【オープニング】

【ウォーミングアップ】

S&C)ストレッチ

S&C)バランストレーニング

S&C)ジョグ&パス

S&C)ダイナミックストレッチ   

【トレーニング】

Game Like)5対5 ゲームトレーニング

Skill)3対2+1 drill

Game Like)5対5 ゲームトレーニング

Skill)3対2+1 drill

Game Like)5対5 ゲームトレーニング

Skill)3対1+1 drill

Game Like)5対5 ゲームトレーニング

Team Talk)

Game Like)5対5 ワイドスペースでゲームトレーニング

Team talk)

Game Like)5対5 ワイドスペースでゲームトレーニング

Team talk)

Game Like)5対5 ワイドスペースでゲームトレーニング

【クールダウン】

S&C)マーカー片付けラン

S&C)ストレッチ

【振り返り】

【クロージング】

【栄養補給】

 

メインコーチ:南條賢太

アシストコーチ:竹田良信

サポートチーム:Anan Camellia(植田・新居・和泉田・奥村・豊田)

【2017大阪府東大阪市クラス】第3回レッスンリポート(9月21日)

ラグビーのまち東大阪市において、今年度第3回目の放課後ラグビープログラムが開催されました。

 

さて、今回で3回目のレッスン。初回のあの緊張を絵に描いたようなレッスンがまるで遠い昔の事のように、すでにここに集まることが生徒たちにとって全く自然な事になっているような、すっかりリラックスした雰囲気。連休が明けて台風も過ぎ去り秋の気配もする心地良い空気の中、いざ!レッスンがスタート!

 

これまでのプログラムではゲーム要素を多分に含むトレーニングの中に、『運動量』を実態に合わせて適度に盛り込んできましたが、今回からは実践的な『運動場面』、すなわち『考えてプレイする』ことがさらに多くなるようプログラムを作成しました。そこで、ラグビーのまち東大阪を初めて女子ラグビーの全国区に押し上げてくれた現役『JK』ラガールズであるアナン学園女子ラグビー部(Anan Camellia)の小鍛冶選手・黒田選手の導きのもと(両者にとってはリラーンで復習)、ドリル的なメニューを入れてレッスンを進めて行きます。

 

『考えてプレイする』というこの言葉、一見耳障りが良く簡単なことのように聞こえますが、考える=判断する、である限り、そこに選択肢がなければ判断力を磨くことも出来ません。まずは、この判断スキルをドリルトレーニングで確認し、ミニゲームの中でトライ&エラーで習得します。そしてその後のゲームトレーニングでは一気にボルテージが上がって行きました。 これにより、生徒たちは自分がボールを持って走る守備陣における「スペース」が何処にあるのかを自ら探し出し、そこで味方からボールを受け取ろうと自然と声を掛け始めました。これは非常に大きな進歩です。声掛け=コミュニケーション。この「繋がる、繋げる」が具体的になればなるほど、プレイの躍動感がどんどん増して行きます。 

 

練習後のお約束、『振り返り』の時間では、『次のレッスンでは、ボールを持って走る人にサポートを付けていけばもっと良くなる』とのコメントも出て、既に次回を見据えている子どもたちに、私自身も大いに学ばせていただきました。楕円球が今日も子どもたちを育ててくれました。 次はどんな学びがあるのだろうかと来週が待ち遠惜しい、今夜の大阪でした。 


《第3回レッスン内容》

【オープニング】

【ウォーミングアップ】

S&C)ジョグ&パス

S&C)ダイナミックストレッチ   

S&C)列車抜きアジリティ

S&C)反射神経ゲーム

【トレーニング】

Skill)3対2+1 drill

Skill)5対3 ミニゲーム

Game Like)5対5 ゲームトレーニング(5分)      

Team talk Game Like)5対5 ゲームトレーニング (5分)      

Team talk Game Like)5対5 ゲームトレーニング(5分)      

Team talk Game Like)5対5 ゲームトレーニング(5分)      

Team talk Game Like)5対5 ワイドスペースでゲームトレーニング(7分)      

Team talk Game Like)5対5 ワイドスペースでゲームトレーニング (7分)      

Team talk

【クールダウン】

S&C)ウォークスルー

S&C)ストレッチ

【振り返り】

【クロージング】

【栄養補給】

 

メインコーチ:南條賢太

アシストコーチ:竹田良信

サポートチーム:Anan Camellia(小鍛冶選手・黒田選手)& HanazonoHollyhocks

 

【2017大阪府東大阪市クラス】第2回レッスンリポート(9月14日)

ラグビーのまち東大阪市において、今年度第2回目の放課後ラグビープログラムが開催されました。 本クラスのテーマは『安全、安心』。

 

ラグビーは、選手同士の身体の接触があるだけではなく、競技の中で複合的な動作を要するため、女子選手にとっては怪我のリスクが高いと言われておりますが、そんなことは関係ない!とばかりに日々ラグビーに取り組むラグビーガールズにとっても、また今回初めて楕円球に触れる未来のラガールにとっても、本プログラムを通じてラグビーを安全に行うことにより、安心してラグビーライフを送って欲しいと思っています。

 

さて、前回のオープニングでは、初対面同士の緊張感のためか恐ろしいほど空気が重かった彼女たち(笑)。今回は果たしてどうなるのだろうかと、レッスン前、指導陣に若干の不安がよぎります。

 

しかしそんな心配はどこ吹く風、2回目となった今回のオープニングでは穏やかにリラックスした表情の生徒たちの様子に、私もホッと胸を撫で下ろし、いざ!レッスンがスタート!

 

今回は、ウォーミングアップを室内トレーニングルームで行い、その意味を再度確認した上でグラウンドでのレッスンに入りました。さらに、経験年数によるスキルレベルに出来るだけ差が出ないよう、プログラムも可能な限りスモールステップで進めて行きました。

 

前回、子どもたちから出たお題(テーマ)である、ボールをキャッチする際に『手を出す、声を出す』を自然と体現している姿には、女子ならではの勤勉さや細やかさを感じ、改めて感銘を受けました。また、トレーニング中に自然とそれぞれを名前で呼び合う場面もあり、それぞれが『繋がる』様子を見て感慨深いものがありました。

 

練習後の振り返りでは、『前回のテーマをラグビースクールの練習で活かすことができた!』とのコメントもあり、日々の活動に広がりをみせる『放課後ラグビー』を誇りに思うとともに、子どもたちに無限の可能性を感じた、今夜の大阪でした。 



《第2回レッスン内容》

【オープニング】

【ウォーミングアップ】 

S&C)スタッティックストレッチ    

S&C)ダイナミックストレッチ 

S&C)コアトレーニング 

S&C)バランストレーニング 

S&C)ジョグ&パス 

【トレーニング】 

Game Like)5対5 ゲームトレーニング(3分)     

Skill)1対1 ミニゲーム 

Skill)2対1 ミニゲーム 

Skill)2対1 ミニゲーム(ワイド) 

Skill) 5対2 ミニゲーム 

Skill) 6対3 ミニゲーム 

Game Like)6対6 ゲームトレーニング(7分)       

Team talk Game Like)6対6 ゲームトレーニング (10分)      

Team talk Game Like)6対6 ゲームトレーニング(10分) 

【クールダウン】 

S&C)マーカー片付けラン

S&C)ストレッチ 

【振り返り】 

【クロージング】 

【栄養補給】 

 

メインコーチ:南條賢太 

アシストコーチ:竹田良信

サポートチーム:Anan Camellia(小鍛冶・黒田、丸山)& Hanazono Hollyhocks

【2017大阪府東大阪市クラス】第1回レッスンリポート(9月7日)

ラグビーのまち東大阪市において、今年度第1回目の放課後ラグビープログラムが開催されました。早いもので、放課後ラグビープログラム大阪クラスも3年目を迎えます。 本市では初の高校女子ラグビー部であるアナン学園高校女子ラグビー部の全面協力を得た今年度のラグビープログラムは、女子限定クラス。 花園ラグビー場が2019ワールドカップ開催に向けて改装中のためプログラム開催自体が難しく、果たして人数が集まるのだろうか・・・と当初は不安がよぎりましたが、なんとか10名を超え、開催に漕ぎ付けることが出来ました。

 

集まってくれた子どもたちへの感謝の気持ちと共に、いざ!レッスンがスタート!

 

そもそも、一般に「ラグビーは危険なスポーツであり、身体の接触(コンタクトプレイ)があるだけではなく、競技の中に複合的な動作を要するため、女子選手にとっては怪我のリスクが高い」と思われております。 確かに、どんなスポーツであれ一歩間違うと危険を伴うことは事実なのですが、そんなことは関係ない!ラグビーが好きでたまらない!という熱い気持ちで日々ラグビーに取り組むラガールズ(ラガー + ガールズ = ラガールズ、です!)にとっても、また今回初めて楕円球に触れる未来のラガールズにとっても、本プログラムを通じてラグビーを安全に行うことにより、安心してラグビーライフを送って欲しいとの願いを込めて、今年度の本クラスのテーマは・・・ 『安全、安心』です!

 

オープニングでは、私にとって『さすが女子』な光景が繰り広げられました。 なにしろ初めて顔を合わせる者同士、見事なほど無言でうつ向き加減。恐ろしいほど空気が重く、指導陣も思わず不安に(笑)。 が、兎にも角にもそれぞれ自己紹介を終え、グランドをボールをパスしながら走り出しました。

 

本クラスのテーマに沿って、入念にW-UPドリルを行い(合間に理由も伝えつつ)、その中にファン要素を織り込みながらメニューを進めて行くにつれ、ラガールズたちの緊張も徐々にほぐれていくのがわかります。 我々の十八番でもある『ゲームライクトレーニング』で現状のスキルレベルを確認しつつ、『MTM手法』で即興でドリル作成と実施。

 

ドリルも出来るだけ『スモールステップ』することでよりゲームに繋がるようにとプランニング。テンポよくレッスンを進めていくうちに、いつの間にか子どもたちは笑顔になり、溌剌と声も出てきました。 レッスンの中でのキーポイントとして、子どもたちから『手を出すこと、声を出すこと』の2点が上がり、初めのあの重苦しい(笑)空気感も嘘のようでした。

 

『普段のラグビーの練習の時は、コーチにガミガミ言われるだけやけど、今日は楽しかった!』と額に汗して笑顔でコメントする未来のラガールズを前に、今年は一体どんな物語があるのだろうかと楽しみになった、今夜の大阪でした。

 

《第1回レッスン内容》

【オープニング】

【ウォーミングアップ】

S&C)ジョグ&パス   

S&C)バランストレーニング

S&C)ダイナミックストレッチ

S&C)ラダー S&C)アジリティ走→リレー

S&C)1対1反射神経ゲーム

【トレーニング】

Game Like)5対5 ゲームトレーニング(3分)

Technic )2人パス     

Skill)2対1 ミニゲーム

Game Like)5対5 ゲームトレーニング(4分)

Skill)3対2 ミニゲーム

Skill)4対2 ミニゲーム

Game Like)5対5 ゲームトレーニング(4分)     

休憩(2分)

Game Like)5対5 ゲームトレーニング (5分)

Game Like)5対5 ゲームトレーニング(5分)

Game Like)5対5 ゲームトレーニング(5分)

【クールダウン】

S&C)マーカー片付けラン

S&C)ストレッチ

【振り返り】

【クロージング】

【栄養補給】

 

メインコーチ:南條賢太

アシスタントコーチ:竹田良信

サポートチーム:Anan Camellia & Hanazono Hollyhocks