岩手県釜石市クラス リポート

 


【2019岩手県釜石市クラス】第5回レッスンリポート(2019年10月9日) 

釜石クラス前半戦最後の第五回目も、寒さに負けない元気な挨拶からスタートしました。

 

すっかり気温も下がった中の練習でしたが、『動き続ける』をテーマにウォームアップからテンポ良く練習を行いました。ウォームアップゲームは狭いエリアの中でボールタッチ鬼ごっこを行いました。2チームに別れ、鬼チームにタッチされた人は20m程離れたポールを回ってこなければならないペナルティを設定しました。鬼チームは正確なパススキルとコミュニケーションを、逃げるチームは上手にスペースを見つけなければならないので、両チームとも一生懸命動き回っていました。

 

その後は、ボールゲームを行いました。今回は、タッチされたらボールを置いて、次の仲間がパスを出すようにルールを変更しました。そうすることによって縦に走りこむ選手が増え、自分たちで上手にスペースを作れるようになっていました。外にスペースを作り、コミュニケーションも取れてはいたのですが、後一歩のところでパス、キャッチミスが出てしまい、なかなかトライに結びつきませんでした。

 

パスセッションの50パスタイムトライアルでは右回りも左回りも新記録をたたき出し、選手も自身の成長を感じ取っていました。

今回もパスのキーファクターを意識してラインパスを行いました。意識することを選手に尋ねると即答で返ってくるので、コーチとしてはうれしい限りです。しかも着実にパススキルも成長しているので、後半戦が楽しみです。

 

最後はパススキルを意識してボールゲームを行いました。前半の縦への動きに加えて、後半はスペースへのパス、キャッチもしっかり出来るようになって、自然とトライの回数が増えていました。

 

まだまだミスがあったり、話しをうまく聞いて無かったりと子どもらしさも垣間見せてくれますが、楽しそうに練習をしてくれる姿が何よりだと思います。次回以降の後半戦も楽しみながら練習をしたいと思います。


《第5回練習内容》

1ランニング、ストレッチ

2 ボールタッチ鬼ごっこ

3 タッチフット

4 50パスタイムトライアル

5 2人ラインパス

6 タッチフット

7 クールダウン、ストレッチ

  

メインコーチ:佐伯 悠(釜石シーウェイブスRFC)

アシスタントコーチ:中野 裕太 (釜石シーウェイブスRFC所属) 

【2019岩手県釜石市クラス】第4回レッスンリポート(2019年10月2日) 

釜石クラス第四回目も元気な挨拶から始まりました。ゲーム形式のウォームアップからのスタートで、コミュニケーションを取りながらスペースを見つける10パスで体を温めました。さすがに4回目ともなると、選手も話を理解するのが早くなり、しっかり声を出してゲームに入っていました。

 

ハンドリングスキルでは、ハンズパスのスキル向上を狙ってラインパスを行いました。助走はほとんど無い中で、キャッチパスを行うドリルで、パスを受ける足を意識し、一歩で次のパスを行うという少し難易度の上がったものでした。始めは歩きながら行い、慣れていくと共に徐々にスピードを上げていきました。少し難易度が上がったこともあり、ミスはありましたが、キャッチをする際の足や、パスのキーファクターをしっかり意識してやってくれました。始めはコーチの間に2人でやり、一度ボールゲームを挟んで、その後は3人が間に入ってもらい行いました。2人で上手くいっていたものが、3人になると、とたんに走りすぎてしまい上手くいかなくなってしまいました。まだ〝タメ〟の意識が難しく、前の選手がラインまで(1メートル)出るまで我慢してと伝えると、飲み込みの早いグループはとたんにスムーズにパスが渡るようになりました。

 

最後はその日に学んだスキルを使ってのボールゲームを行いました。アタックのスペースを大きくするため、ディフェンスでタッチした人は、遠いサイドラインまでダッシュするようルール設定しました。すると、パスでしっかりスペースに運べるようになり、とてもスピィーディーな展開のゲームになってきました。始めの頃と比べると見違えるように声も出るようになってきたので、これからももっと自信をもってラグビーを楽しんでもらいたいと思います。

 


《第4回練習内容》

1ランニング、ストレッチ

2 10パス

3 2人ラインパス

4 タッチフット

5 3人ラインパス

6 50パスタイムトライアル

7 タッチフット

8 クールダウン、ストレッチ 

 

メインコーチ:佐伯 悠(釜石シーウェイブスRFC)

アシスタントコーチ:中野 裕太 (釜石シーウェイブスRFC所属) 

【2019岩手県釜石市クラス】第3回レッスンリポート(2019年9月18日) 

釜石クラス第三回目は、釜石で開催されるワールドカップ前、最後のクラスでした。毎週ごとに気温も低くなってきて、すっかり秋めいてきました。

 

ウォームアップは恒例の一周走から始まり、ストレッチをした後に、ラグビーボールでドッジボールを行いました。基本的なルールは普通のドッジボールと同じで、投げるのは両手のラグビーパスのみで1セット目を行い、2セット目はそこからハンドキャッチのみOKというルールを追加しました。すると、言われなくともハンズアップで構えるようになり、パスのキーファクターまで意識してくれて、とても有意義なウォームアップになりました。

 

先週に引き続きボールゲームでは、2パス以上をルールに入れて行いました。パスをしようとする意識はとても良かったのですが、ゲーム中のミスが少し出てしまいました。ゲームの間は各チームでミーティングを行い、どうすれば勝てるかを話し合っていました。コーチからは簡単なヒントだけをあげて、ゲームターゲットを作り易くするよう心がけました。

 

今週もパスのタイムトライアルを行いました。先週の反省を活かしましょうと話し、やってみると、驚くほどタイムが早くなっていました。気持ちのムラが少しあるものの、どんどん伸びていく選手を見ているのがこちらも楽しくなってきました。

 

スキルトレーニングではコーチがディフェンスに入っての2vs1を行いました。パススキルからの発展で、動きながらかつ前の相手も見なければならないこともあり、始めはパスが上手くいかないなどのミスが目立ちました。改めてパスのキーファクターを確認して、チャレンジがあればミスしても良いよと伝えると、吹っ切れたかのようにパスがつながるようになりました。

 

最後にパススキルを使ってボールゲームを行うと、パスミス、キャッチミス共にほとんどなくなり、とてもスピーディーにボールが動いていました。

 

毎回の選手の成長に喜びながらも、選手にはワールドカップを観てもっとラグビーを学んでほしいと伝え三回目の締めとしました。

 

 


 

《第3回練習内容》

1.ランニング

2.ラグビードッジボール

3.タッチフット

4.パストレーニング

5.2vs1

6.タッチフット

7.クールダウン、ストレッチ

 

メインコーチ:佐伯 悠(釜石シーウェイブスRFC)

アシスタントコーチ:中野 裕太 (釜石シーウェイブスRFC所属) 

【2019岩手県釜石市クラス】第2回レッスンリポート(2019年9月12日) 

釜石クラス第二回目は恒例の一周走からスタートしました。

翌日の陸上記録会もあり、10人とちょっと少ない人数での練習となりました。先週までの暑さとはうって変わって、動かないと肌寒く感じる気温になってきました。止まっているとすぐ汗も引いてしまうので、止まっている時間を短くすることを意識して練習に入りましょうと声をかけました。

 

始めのウォームアップゲームでは10パス2セットを行いました。狭いエリアの中でスペースを見つけ、コミュニケーションをとらないとこのゲームで勝つことは難しくなります。

 

始めは上手にスペースを見つけられず団子状態になってしまいましたが、段々とスペースにボールを運べるようになりました。2セット目はエリアを少し広げ行ったところ、さらに開いたスペースへの動きが良くなり、言わずとも意図を理解してくれていました。

 

続いて、ボール集めゲームを行いました。途中からボールを6個に減らすとなかなか決着がつかず白熱し、周りから声も出て非常に良いアップになりました。

先週に引き続きボールゲームではタッチフットを行い、スタート前に選手にはパスのキーファクターの再確認をしました。少しミスが目立っていましたが、先週よりパスの意識が出てきたように思えます。

 

今週もスキルセッションはパスセッションを行いました。先週に引き続きパスのタイムトライアルを行いましたが、今回はミスをしてしまい悔しがる選手が多く、プレッシャーの中でもしっかり使えるスキルを身につけましょうと伝えました。

 

続いてコーチを両サイドに立たせ走りこむ、中抜けパスを行いました。始めは中を一人で、慣れてきた頃に二人にしてみました。各選手しっかりキーファクターを意識しパスを成功させていましたが、二人になると走りすぎてしまうなど、次回以降への課題をのぞかせていました。

 

最後はおさらいを兼ねてのタッチフットを行いました。2回以上パスをしないと相手ボールになってしまうとルールを追加すると、面白いようにボールを動かすことができ、対応力の高さには毎回驚かされます。

 

最後はクールダウンの一周走とストレッチを行い、2回目のクラスは終わりとなりました。選手からは、「楽しかった」、「もっとパスが上手くなりたい」などとても前向きな発言が出たことが良かったと思います。もっと引き出してあげられるよう次回以降も選手と共に楽しみたいと思います。



 

《第2回練習内容》

1.ランニング

2.テンパス、ボール集め

3.タッチフット

4.パストレーニング

5.タッチフット

6.クールダウン、ストレッチ

 

メインコーチ:佐伯 悠(釜石シーウェイブスRFC)

アシスタントコーチ:中野 裕太 (釜石シーウェイブスRFC所属) 

【2019岩手県釜石市クラス】第1回レッスンリポート(2019年9月4日) 

釜石クラス第一回目は開会式からスタートしました。まもなく開幕するラグビーワールドカップを機に、開催地に住むみんなにはラグビーをより身近に感じて楽しんでもらいたいと参加者に伝えました。釜石クラスも4年目となり、今年のテーマは「楽しくラグビースキルアップ」を掲げ、まずはラグビーを好きになってもらうという事をターゲットにやっていこうとスタートしました。

 

第一回目のウォームアップは全員での一周走から始まり、手繋ぎ鬼を行いました。手を繋ぎ走り難い状況の中で、コミュニケーションをとりながら動くというのが狙いでした。

 

高学年となると手を繋ぐことに少し恥ずかしさがあったようですが、やっていくうちにコミュニケーションもしっかり取れて、3分程で全員を捕まることが出来ました。

 

アップも終え、早速タッチフットを行いました。まだラグビーに不慣れだという選手もいたので、ルールをシンプルにしてどのレベルで出来るのか、確認の意味も込めてやりました。どの選手も非常にスキルが高く、これからどれだけ成長するか楽しみです。

 

続いてパススキルの練習を行いました。練習に先立って、選手にはパスのキーファクター「ハンズアップ」、「フォロースルー」を伝え、全員で円になって2週パス回しをするタイムトライアルを行ってもらいました。このタイムトライアルは毎回行い、数字で自分たちの成長を感じてほしいと思っています。

 

その後は2人組、3人組でとパス練習を行い、都度コーチから選手にキーファクターを問いかけながら練習を行いました。始めは出来ていなかった選手がほとんどでしたが、終盤にはコーチから言われなくてもしっかりと出来るようになり成長の早さに驚かされました。

 

最後に練習したパスを実践で試してもらうべく、短い時間ですが再度タッチフットを行いました。始めよりパスミスも減って、選手達からもパスを意識して出来ましたとの声も聞けたのがとても良かったです。

 

最後にクールダウンの一周走とストレッチで終了となりました。振り返りでは、練習の積み重ねが大事と選手に伝え、次回以降も楽しみながらスキルアップできるよう話をして一回目の締めとしました。



≪第1回練習内容≫

1.ランニング

2.タッチフット

3.パストレーニング

4.タッチフット

 

メインコーチ:佐伯 悠(釜石シーウェイブスRFC)

アシスタントコーチ:中野 裕太 (釜石シーウェイブスRFC所属)