沖縄県読谷村クラス リポート


【2019沖縄県読谷村クラス】第3回レッスンリポート(2019年11月7日) 

今回から新会場。

男女日本代表も合宿で利用するロイヤルホテル残波岬さんの室内練習場「ZANPA SPORTS PARK」で開催しました。フットサルコート2面、ラインが引いてあるので練習にも活用しやすく、室内で照明もあるので日暮れの心配もありません。12月の日程がいくつか変更になりますが、場所はこちらで最後まで行いますので、参加者の皆さん、保護者の皆さんよろしくお願い致します。ロイヤルホテル残波岬さま、JRFUさま、ご理解ご協力ありがとうございます。

 

さて、今回の学習テーマはキャッチ&パス。キャッチの基本からパスの動作までをメカニズムも説明しながら練習しました。

パスに関してはそれぞれがこれまで培ってきたスタイルがあるので、あくまでも基本動作の一つとして紹介しましたが、なかなか身に染み付いた動作と違う動作をプレーの中で行うことが難しいようでした。やりながらどこまで矯正するべきかどうか悩みましたが、ちょっと混乱しそうだったので今回は無理をしてフォームを変えたりすることはやめました。JRFUの方にも相談しながら、次回はもう少しだけパス動作について深掘りしてみたいと思っています。

 

当クラスの約半数を占める男子中学生。

多感なお年頃の彼らがいかにレッスンに対し真剣になって集中できるかが、私たちコーチにとってもテーマの一つになっています。

それは、一人一人に対するトレーニングの効果を少しでも高めるためであり、参加者一人一人に将来につながる何かを得ていって欲しいと思うからです。

一人が気づき、また一人が気づき、、、そうやって彼らのラグビーがより豊かになっていくように、何度でも語りかけていきたいと思っています。

 

真面目で素直な子が集まっている女子中学生たち。

文句のつけようがないほど良い子たち。

規律もある。品位もある。結束もある。尊重(敬意)もある。

あとは、心の奥にあるはずの「情熱」をもっともっと燃やして、それを表に出せるようになるとラグビーの世界がもう一段深くなるはず。

放課後ラグビーはあと7回。

「全力」のその一歩先をなんとか彼女たちに体験させてあげられないかと模索中です。

 

ラグビー大好きな小学生たち。

そのまま大く伸びていって欲しいですね。

放課後ラグビーでは中学生もいて、レッスンのテーマも少しレベルが高いこともあります。

何かというと、「考える」という作業が多いことです。

考えることで、ラグビーの構造をもっと理解できるようになり、よりプレーが楽しくなります。・・・って難しい言葉でごめんなさい。

レッスンの中で子どもたちの心と頭をうまく誘導できるように努力します。

 

全体的に、初めて行うメニューに対しても適応力が少しずつではありますが向上しているように思います。

毎回色々な新しいメニューに挑戦するつもりなので、初めての内容に怯むことなく、前向きに挑戦し、動きや構造を分析して攻略法を見つけ出すことを楽しんで欲しいと思っています。

 

そういったことで判断力の育成も図っていきたいと考えています。判断力は、目の前の一つ一つのプレーに対する判断だけではなく、フィールド、チーム、ゲーム、時間、、、様々な要素に対して必要な能力でもありますから。


【第3回練習内容】

1.パスパスゲーム

 リードハンド でテニスボールキャッチ

2.ダイナミックストレッチ 

 怪我予防。柔軟性、機能的動作性向上。フィジカル強化。身体を思い通りに動かす能力向上。  

3.アーリーキャッチ 

4.アーリーキャッチ (イレギュラーボール)

5.キャッチ&パス

 その場/もも上げランパス/ノーマルランパス

6.2対1+1

7.リロードタッチフット 

8.ストレッチ

  

メインコーチ:林 拓司(読谷村ラグビーフットボール協会理事) 

アシスタントコーチ:山内 省吾(読谷ラグビースクール、沖縄県ラグビーフットボール協会)  

【2019沖縄県読谷村クラス】第2回レッスンリポート(2019年10月31日) 

時間帯変更や中学校の行事の影響などもあり、開始予定時刻から約40分ほど遅れてのスタートとなりました。

 

この教室は一人一人が自分の成長に純粋にフォーカスできる場所。私たちコーチは10回の間に目一杯大事なことを詰め込むから、自分でコントロールできない状況は別として、努力次第で5分でも早く来られればその分自分の成長につながるよ、と伝えてみました。

 

思ったよりも良い目をして聞いてくれていて、前向きな意識が表面に現れている子もまだ少し深いところに眠っている子も、それぞれから成長の欲求を感じることができました。

 

このクラスのテーマは「トライ&エラー」ですが、当然ながら真剣にトライした結果のエラーでないと成長につながりません。そういう意味では、テクニックやスキルをトライ&エラーの中で身につけていく過程で、「真剣」も覚えていかなければなりません。年齢が低いうちはまずは夢中になって取り組むことからですね。中学生は頭で理解してチャレンジする子も出てきているようです。

 

さて、今日のテーマは「ステップ」。

間合いについてだけ簡単にレクチャーして後は実戦トレーニング。まずは菱形の左右の辺のどちらにでもトライできる1対1。次にもう少し広いスペースで、笛がなるとDFは地面に散らばっているマーカーの一つに一度触れなくてはならないというルールの1対1。ステップのスキルに加えて、お互いに集中力、状況の把握、判断が重要になります。初めから勝負を諦めてしまっている子も多かったので、毎回工夫して少しでも良くなるように考える時間を作ったり声がけをしたりしました。

 

この辺りで日没が近くなってきてしまったので他のメニューをカットしてタッチフット。今日はタッチすると一度ゲームを離脱して自陣奥の壁にタッチしてこなければいけないというルール。なかなかハードですがその中でもゲームやボール、敵や仲間に対する意識をどう切らさないか?学ぶことは多いです。

また、年齢や経験が違う子たちと混ざってプレーする中で、年齢が上で経験の長いプレーヤーには、周りに合わせて力を弱めるのではなく、自分のプレーをより高めて、自分より経験や年齢の低い仲間を活かしつつチームを勝利に導くという、おそらく普段自分のチームでプレーするよりも難しいテーマがあるということも伝えました。テクニックやスキルの向上のためには、うまくいかないことを自分以外の誰かや何かのせいにするのではなく、いかに自分自身に矢印を向けられるかが大事ということですね。

 

そうこうしているうちにすっかり日も暮れてしまったので今回も暗がりの中レスリング系のトレーニングを少々。今の所、まだ体を慣れさせる程度の内容に留めています。

 

*来週から時間と場所を変更します。

詳細については、保護者の方にJRFU放課後ラグビープログラム事務局よりご連絡させていただきましたが、ご不明な方はこちらよりご確認ください。

 

 

 


【第2回練習内容】

1.ダイヤモンド1対1

 間合いの取り方。目の前の対戦(相手)にフォーカス。毎回少しでも良くなるように考える。

2.ダイナミックストレッチ

 怪我予防。柔軟性、機能的動作性向上。フィジカル強化。身体を思い通りに動かす能力向上。 

3.リアクション1対1

 予測不能な事態にも対応。瞬時に最適な行動を判断。

4.リロードタッチフット

 意識を切らさずにプレーを続けることでチームに貢献。

6.コンバットトレーニング

真っ暗な中でもできるトレーニングを。。

7. ストレッチ

 

メインコーチ:林 拓司(読谷村ラグビーフットボール協会理事)

アシスタントコーチ:山内 省吾(読谷ラグビースクール、沖縄県ラグビーフットボール協会)

 

【2019沖縄県読谷村クラス】実施会場と練習時間について

沖縄県読谷村クラス参加者各位

 

平素より当プログラムへご理解とご協力をいただきまして誠にありがとうございます。

 第3回~第7回の実施会場及び実施時間が決定いたしましたので下記の通りご案内申し上げます。

なお、第8回以降の会場・時間につきましては決まり次第ご案内いたしますので、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

 

◆実施場所:ZANPA SPORTS PARK

〒904-0394 沖縄県中頭郡読谷村字宇座 1575(沖縄残波岬ロイヤルホテル敷地内)

アクセスの詳細は下記リンクをご参照ください。

https://www.daiwaresort.jp/okinawa/access/index.html

 

◆今後の予定

第3回11月7日(木)ZANPA SPORTS PARK 17:15-18:45

第4回11月14日(木)ZANPA SPORTS PARK 17:15-18:45

第5回11月28日(木)ZANPA SPORTS PARK 17:15-18:45

第6回11月29日(金)ZANPA SPORTS PARK 17:15-18:45

第7回12月5日(木)ZANPA SPORTS PARK 17:15-18:45

第8回12月12日(木)調整中(決まり次第ご連絡致します)

第9回12月19日(木)調整中(決まり次第ご連絡致します)

第10回12月20日(金)調整中(決まり次第ご連絡致します)

【2019沖縄県読谷村クラス】第1回レッスンリポート(2019年10月24日) 

開始時刻にはまだ参加者が揃っていなかったのでキックパスゲームでウォームアップをしながら集まるのを待ちました。

 

開校式で伝えたこのクラスのテーマは「トライ&エラー」。ジェイミージョセフHCは「ミスを恐れることがミス」と言ったそう。ミスを恐れずにベストを尽くして、その結果失敗したとしたらその時こそ学びと成長のチャンスですね。 

 

今日は初回なのでクラス全体の雰囲気づくりと参加者一人一人のパーソナリティの把握に努めました。次回からは基本テクニック・スキルの習得に入っていきます。

 

90分×10回という限られた時間の中で私たちが子どもたちに提供したいことは4つ。

■テクニック・スキルの向上

■ラグビーをとことん楽しんで、ラグビーがますます好きになる

■自分で考え、判断し、ミスや負けを恐れず挑戦した結果として成長を実感する経験

■コアバリュー(情熱・品位・規律・結束・尊重 )を備えた人間性に近づく

限られた時間ですがなんとか子どもたちの中にこういったことが残るようにトライしていきたいと思っています。 次回からもっともっと工夫していきます!!

 

>小学生へ

意欲の高い子たちが集まりましたね。一つ一つのメニューの真剣にチャレンジしてくれていた様子が印象的でした。次回からも、一つ一つのプレーをいつも一生懸命取り組んでくれたらますます楽しくなるはず!後9回よろしくね^^ 

 

>中学生女子へ

もともとしっかりした子が多く、あまり手がかからないというのもあって、今日は任せっきりでごめんなさい。僕が見る時間を全然作ってあげることができなくて反省しています。次回はクラス運営のバランスをもっと良くして、君たちのこともしっかりと見つめられるようにします! 

 

>中学生男子へ

能力の高い子が多いし、自分ではそうでないと思っている子も、ちょっとした工夫で大化けする可能性があります。年齢的に普通のことだけどみんなまだ本当の”真剣”を知らないので、早くそこに気付けるとラグビー人生が大きく前進すると思う。すでに何名かは気づき始めてたね。その壁はチームで超えるものではなくて、一人一人、気づいた人から超えていく壁。周りに影響されることなく、自分自身がどれだけラグビーに真剣になれるか。一瞬一瞬に対して真剣になれるか。幸いにも今の君たちには世界から称賛される日本代表という最高のお手本があるので、その世界を目指して一人一人変わっていこう。 

 

*日が落ちるのが早く18時あたりから真っ暗になってしまったため、今後、練習時間を早めることや会場を変更することなどを検討しています。

詳細については、保護者の方にJRFU放課後ラグビープログラム事務局よりご連絡させていただきます。



【第1回練習内容】

(キックパスゲーム)

1.開校式

2.ダイナミックストレッチ

 怪我予防。柔軟性、機能的動作性向上。フィジカル強化。身体を思い通りに動かす能力向上。 

3.1対1

 勝ち負けの不安を超えてチャレンジする。よりその勝負にフォーカスして自分の能力を引き出す。 

4.5対5(タッチ後双方1down)3分

 集中することを覚え、フィールド上で自分が生きている時間を増やす。

5.5対5(タッチ後双方1down)1分集中

6.ボールの持ち方

 片手でボールを持つ際の強い持ち方

7.タックル後の脱出したいキャリアーとモールパイルアップを狙うタックラー

8.ストレッチ

*最後は真っ暗になってしまったので明かりがなくてもできるトレーニングに急遽切り替えました。 

 

メインコーチ:林 拓司(読谷村ラグビーフットボール協会理事)

アシスタントコーチ:山内 省吾(読谷ラグビースクール、沖縄県ラグビーフットボール協会)